薬を飲む目的と剤形の好みはどちらを優先?

 『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたお客様に消毒系であることを伝えて抗炎症系のアズレン製剤もあることを紹介したところ、主訴は喉の痛みとのことで、消毒薬とアズレンを合わせた『パープルショットW』に変更となった。

 痛むのは喉の奥だということから、胃炎の可能性もあることをお話した。

 いずれにしても患部に食べ物が擦れるのも良くないため、消化に良い食事をするよう勧めた。

 『ヴィックスドロップ』を購入されるお客様に消毒系であることを伝えると、中学生の子供が合唱をやっていて、傷んだ喉に使うというため抗炎症剤と患部を冷やす生薬を合わせた『マードレトローチ』を案内してみたところ、家にあるものの本人が不味いと言って嫌がってるとのことだった。

 そこで『響声破笛丸』も紹介してみたけれど、おそらく粉は飲めないだろうとのお話。

 薬の味と目的のどちらを取るかは本人次第だから、本当のところは分からない。

 もしかすると『マードレトローチ』を、トローチの形でお菓子のようなイメージで薬とは考えていない可能性だってある。

 本人は入浴をしているそうなので、それは喉にも良いことですと伝えた。

 『マキロンS』を求めてお客様が来店し、患部の修復を促す成分が入ってることを説明して、似た容器の『デシンA』には傷の疼きを抑える成分が入ってることを伝えたうえで、実のところ切り傷には消毒薬を使わずとも水道水で洗えば十分であるから、むしろ化膿しないよう抗生物質の塗り薬を使ってはどうかとお話した。

 今回は『デシンA』の方をお買い上げいただき、菌への抵抗力を高めるには体温を高めに保つのが良いので、温かい物を積極的に飲んだり、お腹周りを温めるよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!