市販薬を買うときにもお薬手帳を持って

 お客様から『ドクターネイルディープセラム』を求められて売り場を案内すると、価格が高いというため、爪割れには『サカムケア』でも代用できることをお話して、そちらをお買い上げいただいた。

 お客様は膠原病のせいかもと言われたけれど、担当医には相談していないというので、科目が異なったり症状が関係するか分からなくても、担当医には相談するよう勧めた。

 また爪割れは腎機能の低下も影響するため、『牛車腎気丸』を紹介した。

 ちなみに、高齢者が塩分を控えた方が良いのは実は高血圧だけではなく、腎臓の衰えも理由なんである。

 夫婦のお客様が外用消炎剤の棚で迷ってる様子だったので声をかけてみたが、案内は断られた。

 しかしその後も長考してるようだったため、主成分によって鎮痛効果や浸透力が違う事をお話しすると、ようやく興味を持たれ、奥さんが腰痛とのことから鎮痛効果と浸透力のバランスが良いフェルビナクのパップ剤を案内してお買い上げいただいた。

 お客様から便秘薬を求められたが、病院から処方されている内服薬が効かなかったからというのに、その薬が何なのかは分からないという。

 となると、同じ成分の物の可能性がある内服の便秘薬は案内しにくい。

 浣腸の経験は無いというので、お腹への刺激が穏やかな座薬タイプの『新レシカルボン』を勧めてみたが、価格の安い浣腸の方を購入された。

 お客様には、便秘薬も成分によって効き方が違うため、市販薬を買うさいにはお薬手帳を持参していいただくようお願いした。

 いや、お薬手帳はいつでも持ち歩くのが一番なんですが。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!