薬は適材適所の使い分けが大事

 『柴胡桂枝湯』を購入されるお客様に状況を尋ねたところ、お腹の調子が悪くなりそうな時に飲んでいるとのことで、その使い方は悪くないですねと伝えた。

 すると頭痛の時にも使っていて、『葛根湯』が自分には合わないというため、ズキズキする頭痛は胃の不具合と関係があり、『葛根湯』は胃に負担がかかってしまい、適応するのは肩こりと連動する締め付けられるような頭痛であることを説明した。

 すると、合点がいったようでお客様に喜ばれた。

 幼児を連れた高齢のお客様から虫刺されの薬を求められたので、刺激の少ない『ムヒベビー』を案内してみたが、患部を見せてもらうと腫れが強そうで公園で刺されたというため『プチウナ』を勧めた。

 しかし本人がハローキティの『ポケムヒ』を欲しがったため、お客様に後から強い薬を重ねて良いか尋ねられ、大丈夫ですと答えると家族も使うとのことで『ムヒアルファS2』を一緒に購入された。

 虫除けスプレーは体に吹き付けるより掌に出して塗る方が効果的なことをお話しすると、親に伝えてみますと言ってもらえた。

 幼児を連れたお客様から虫刺されの薬を求められたのだが目の横と頬を刺されているため、液剤はしみてしまうし、 かといって『ムヒベビー』では弱いだろうから、目の横は痒み止めや抗炎症剤が入った目薬を使う方法を提案したうえで、頬にはステロイド剤入りのクリームを勧めた。

 『ムヒアルファEXクリーム』をお買い上げいただき、虫除けスプレーがあるようであれば掌に出して塗るのが効果的ですとお話した。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!