手先の荒れにも色々あります

 やや高齢のお客様があせもの塗り薬を買いにいらしたが、メントール入りの物やパウダー入りの物などがあることを説明すると、お孫さんの使う物で好みが分からないとのことだった。

 成分的には虫刺されの薬と大して違わないことを伝えると、家にあるというので使ってみるよう勧めてお帰りになった。

 お客様が『ムヒSクリーム』をレジに持ってきたさいに、薬としては比較的弱いことを伝えると興味を持たれたので、『液体ムヒS』は剤形が違うだけではなくステロイド剤が入っていて、炎症が強い場合に向いていることを説明した。

 するとクリーム剤が希望で、もう少し強めの物をと求められたため『ムヒアルファS2』を勧めてお買い上げいただいた。

 お客様から、ご主人の手先が荒れているとのことでクリーム剤を求められ、ハンドケアの売り場を案内しつつ、指先の皮がポロポロ剥けるというお話だったため、腎が弱っている可能性や手水虫も考えられるので病院の受診を勧めた。

 そのうえで『Saiki』や『アットノン』の使用も提案した。

 するとお客様自身の相談もされ、主訴は立ちくらみと耳鳴りとのことで、内科から鉄剤と胃薬を処方されていて、婦人科を受診してみてはと担当医に勧められたそうだ。

 回転性のめまいを水分代謝を改善して治す『苓桂朮甘湯』と比較しながら、座っていても立ちくらみのようになると言うため『人参養栄湯』を案内し試していただくことになった。

 それから、婦人科に行くとしても、これまでのカルテがあった方が良いだろうから、担当医に紹介状を書いてもらえないか相談してみるよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!