業者にボラれてます

 今日は大掃除。
 年末なんかに大掃除する時間は取れないもんね。
 もっとも、会社勤めをしてた頃には、ちっともしてなかったなー。
 忙し過ぎて。
 念のため薬局の方に電話を入れてみたら、暇らしい。
 他の人たちも大掃除?
 でも、まだクリスマス前か。
 薬局では、シャッター工事をしているとのこと。
 店自体は開いてても、工事してちゃ人が寄りにくいか。
 押入れが埋まるほどのバッグが押入れから発掘されて、奥さんとケンカ。
 奥さんが若い頃に買ったバッグが占領してるんだもの。
 テーブルの移動で奥さんとケンカ。
 狭い廊下を通すのに傾け方で。
 掃除するとか、一緒に何かやるのには向かない夫婦だな。
 奥さんが迎えに行き、次郎が保育園から帰宅。
 でも、まだ片付いてない。
 大人しくさせておくため、お菓子を与えておく。
 夕方過ぎに出勤。
 ホントに閑散としてやんの。
 病院からの処方箋を持って患者さんがいらした。
「ちゃんと飲んでるつもりなんだけどねー、余るのよ」と患者さん。
 少し余るくらいならいいですけどね、たまに1ヶ月分以上余らせる謎の人が(笑)
 今日は冬至で、近所の方からカボチャを頂いた。
 ありがとうございます(´¬`)
 2007年度予算の財務省原案の復活折衝で、総務省が要求していた『Winny』などのファイル共有ソフトによる情報漏洩を防ぐための技術開発費として、10億円を計上することが認められたそうな。
 以前に、Winnyの開発者である金子勇氏は、「プログラムを数行書き換えるだけで、ウイルスへの対処はできる」と述べていたはずだけど、その数行に相当する開発費に10億円もかかるというのか?
 まぁ、「など」ということだから、Winny以外のファイル共有ソフトも含まれるんだろうけど、「ネットワーク上のファイル共有ソフトの利用状況を監視」とか、「漏洩した情報を削除して、被害の拡大を防ぐ」ってのは、本当に可能なのかね。
 利用状況を調べたり、漏洩した情報を削除するには、不特定の多数のパソコンに侵入したうえ、動作するプログラムにしなきゃならないと思うんだけど、それってまるっきりウィルスじゃん。
 ウィルスを開発するつもりなのだとしたら、アンチウィルスソフトで駆除されますな(笑)


≪育児日記≫
 夜からずっと朝まで寝ていてくれた次郎ちゃんでした。
 朝食は、昨日よく食べたせいか、あまり食べませんでした。
 また「ポンポン痛い」と言っています。
 保育園では、朝からニコニコ顔の次郎ちゃんだったみたいです。
 たんぽぽ組と一緒にクリスマスパーティーをしたそうです。
 おやつはみんなで食べ、ブレーメンを踊ると、次郎ちゃんもしっかり腕を組
んで回ったりしてたそうです。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート