総合の風邪薬も悪くないけど、症状別に使い分ける方法も

 仁丹を求めて来店した患者さんに症状を尋ねてみると、喉が痛んで咳が出るという。
 アレルギーカードを所持していて、アセチルサルチル酸によりアナフィラキシーを起こすため、医師からも総合風邪薬は避けるようにと言われているとのことだった。
 仁丹を買おうと思ったのも、それが理由。
 もう少し症状を詳しく尋ねたところ、痰が切れにくく喉に絡むようというので、体内が乾燥していると判断して『麦門冬湯』を案内して、お買い上げいただいた。
 あっ、そうそう、担当の医師には、服用したことを伝えて下さいねと念押し。
 遠くに住んでいる成人の息子さんに、置き薬として風邪薬を送ってあげたいというご相談。
 自分で通販で買うんじゃないかとも思ったけど、それを言うのは野暮だろう。
「良く効くのを」との注文だったけど、この「良く効くのを」というフレーズが曲者。
 もちろん成分によって効果の強弱はあるけれど、本人との相性というものもある。
 なにより、風邪の症状というのは広範囲に及び、その症状の出方は体質と原因によって違う物。
 総合よりも、症状に合わせて飲み分けたほうが効果的ですよと説明して、熱風邪向けの『ルルアタックFX』と喉風邪向けの『ルルアタックEX』を紹介したところ、両方をお買い上げいただけた。
 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート