<<通巻122号>>
『正義の人々』/普通でいる事も難しい/避難勧告して下さい

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★彡☆-=★彡  それさえもおそらくは平凡な薬局  ★彡☆-=★彡
                 <<通巻122号>>
  提供 : まぐまぐ http://www.mag2.com/
  発行 : 北園薬局 http://www.kitazono.jp/
  編集 : 北村俊純
  窓口 : info@kitazono.jp
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~~~~~~~~~~~~~ 今回の日記の主な話題 ~~~~~~~~~~~
※9月4日(土)……『正義の人々』
※9月5日(日)……普通でいる事も難しい
※9月6日(月)……避難勧告して下さい
********************* 先週の平凡な日記 ********************
◆9月4日(土)/2004年◆
 奥さんから携帯に電話。
 来週の水曜日に帰ってくるという。
 えー? 帰ってくるの~?
 まだ、デートの予約が2件未消化なんだけどな( ̄▽ ̄)
 それと、市の離乳食の講習会は何時かと訊かれた。市の広報に載ってるはずではあるが、わざわざ講習会に行かんでも。
 このあいだ初めて林檎を絞って飲ませてみたら飲まなかったので心配なのだとか。
「どうせお腹が空けば食べないなんてこと無いんだから心配ないわよ」とお母ん。
 浅間山の噴火による降灰被害のニュース頻々。
 中でも被害農家には悪いが笑ってしまったのが、群馬県のキャベツ事情。
 今年は豊作だったそうで、市価の下落を避けるために、噴火の前日に大量のキャベツを廃棄していたという。
 降灰を受けたキャベツの市価の下落は必至で、おそらく売れない分は廃棄せざるをえず、結果として被害が拡大する模様。
 価格調整のためとはいえ、なんで先に捨てるのかね。
 良く知らないけれど、後からできる分を廃棄するんじゃ駄目なの?
 しかも、地元の農協の指導らしい。
 噴火は予測できないとはいえ、ただでさえ例年よりも多く台風が来ていて、これからまだ農作物の被害が懸念されるというのに何をやっているのか。
 中学生の子供の咳の相談でお客さんが来店。
 今は、家に置いてあった地竜(ぢりゅう)麻黄湯(まおうとう)を飲ませているとの事。まずは、順当な用法だろう。
 ただ、風邪をひいたのは合宿先で、すでに4日ほど経過しているという。
 それに食欲が落ちているそうなので、そろそろ柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)に替えた方が良いだろうと案内した。
 ロシア南部・北オセチア共和国の学校占拠事件は、今日の未明に治安部隊が突入して解決したらしい。
 人質の死者は250人に上ったそうだから、これを解決と言っていいものかは分からんが。
 病院に収容された負傷者も700人を越えているそうで、だとすると当初にロシア政府から発表されていた人質の人数よりもかなり多かった事になる。
 突入後の発表で「1200人いた」という情報もあり、その場合は人質のうち約8割が死傷した事になる。
 2002年の10月に起きたモスクワの劇場占拠事件での強攻な姿勢からして、今回も突入作戦で悲惨な結果になるだろうとは思っていたが、これほど意外な展開になるとは思わなかった。
 何が意外って、現場に多数の民間人が入り込んでいて、治安部隊までもが混乱している様子がテレビの映像に映っていた事。
 少なくとも劇場占拠事件の時には夜間だった事もあり、当初は犯人の完全制圧に成功と報道されて、後から人質ごと殲滅していた事が明るみに出つつも、なんとか有耶無耶にしてしまった。
 それが今回は、救出作戦らしい事を何もできないうちに事態が急変し、明らかに政府側の失態を赤裸々に見せてしまった。
 しかも報道によれば、数人の犯人が人質に紛れて逃走しているそうで、ベスラン市内は今も厳戒態勢だという。
 これは首都で任務に当たる軍と、地方の軍との練度の違いなのだろうか。
 犯人の方も、いっさい交渉に応じないという違った面を見せていたけれど。 
 なにしろ脱出に成功した人たちの証言によると、犯人である武装集団は「我々は弾が無くなるまで撃ち、続いて建物ごと爆破する」と宣言していたという。
 かつてはテロリストも、子供を巻き込むのは避けたらしいんだがなぁ。
 戯曲だけれど、歴史上の出来事を題材にしたにカミユの『正義の人々』という作品で、この“子供を巻き込んでいいのか”という話が出てきた。
 帝政ロシア期の革命家で作家であり詩人でもあったロープシン(作中ではサヴィンコフ)が同志のカリャーエフに、ニコライ皇帝の叔父であるセルゲイ大公の暗殺を命じるのだが、カリャーエフが爆弾を投げつけようとしたその時に傍らに大公の2人の子供がいる事で躊躇してしまい、暗殺に失敗。
 そして再び、今度は1人で馬車に乗ったセルゲイ大公に爆弾を投げつけて暗殺に成功する。
 その後での獄中における警視総監や、大公夫人との対話が秀逸で、特に子供がいるからと一度目には躊躇した優しさを持つカリャーエフに何故夫を殺したのかと問いかける大公夫人と、自分に憐れみをかける婦人に対して、すばらしい人だと認めつつも権力者を倒さなければならないと語るカリャーエフとの対比、さらには革命のためには子供さえも犠牲にするべきだとカリャーエフを非難した同志のステバンとの絡みもあって、まさにタイル通り、自らの“正義”を信じる人々が“相容れない”というテーマを現していた。
 ところで、未確定ながら、犯人の半分以上がアラブ人だったという情報がある。
 それってもしかして、チェチェンの武装勢力がアルカイダ系のテロ組織に頼り過ぎ、逆に乗っ取られてしまったという構図なのかな。
 それならそれで、目的が摩り替えられては独立もできないという事を気づかせないと駄目だよねぇ。
 まぁ、ロシアがバルト三国には独立を認めたのにチェチェンの独立を認めないのは、石油のパイプラインがあるためだとも云われているから、実のところイラクと同じように、民族紛争に見せかけた単なる利益確保の争いなのかもしれん。実行犯は、指導者にいいように利用されてるだけ。
「憎しみの連鎖を断ち切らなければ」と識者は言うが、実行犯たちの憎しみの感情を利用している指導者の説得についてはどう考えてるのか。指導者は自分たちの利益を確保したいだけなのだとしら、“憎しみの連鎖を断つ”なんてのは何の解決にもならない。
 『華氏911』は未見だけれど(公開前にあれだけ内容を暴露されてしまっては観る必要も無い)、あの作品で突いていたのが、まさにその点だったはず。
 ブッシュは石油の利権を確保して、ビン=ラディンはテロに対する多額の支援金を得て、双方が得をしているという話なんだから。
≪育児日記≫
 次郎に、またベビーフードのジュースを飲ませたんだけど、飲まなかった。
 ゴホゴホむせちゃって。
 でも1日大人しくて、夜は珍しく寝てくれた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 感想や健康相談はコチラ(・v<)
 http://www.kitazono.jp/bbs_kitazono.htm
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
◆9月5日(日)/2004年◆
 今日は、『スネークアイズ』の定例会。
 パーティーの開催はお休み中ではあるが、会員同士で小ぢんまりとゲームを楽しもうという事で行われた。
 私は先月の定例会は子どもキャンプで欠席していたため、『幻想時間』の収録で会っている武井くん以外のメンバーと逢うのは久しぶり。
 しばし病欠となっていたK氏も今日は久しぶりに出席。その後、お加減はいかがですか。
 武井くんには私がAIBOを購入した事を話してあったのだが、その武井くんは『TAKARA』のチョロモードペットという物を買ったそうで、見せてくれた。
 http://www.takaratoys.co.jp/cmode-pet/index.html
 武井くんが買ったのはオレンジネコで、携帯電話の番号キーで操作する仕様になっているという。
 しかも、操作するだけではラジコンでしかないが、ペットと銘打ってあるように操作しなくても勝手に動き出すらしく、また操作に従わない事もあるそうな。
 実際に動かしてみると、基本的に武井くんの操作に“まったく”従わなかった(笑)
 今度の『幻想時間』では、このチョロモードペットとAIBOを対面させてみようという話になった。
 その他に、雑談では球団参入を表明しているライブドアの話など。
「どうせなら球団を4つ作って新しくリーグを立ち上げれば良いんじゃないですか」
「そうしたら、ライブドアリーグに入りたいという球団も現れるかもねぇ」
「でも、4球団の本拠地はどこにしましょうか」
「四国はどうかな。4県それぞれに球団を置いて戦うの」
「えらく狭い範囲ですねぇ」
「観光客を呼んで地域の活性化を図るという事で」
「ああ、鳴門大橋の他に作られた名前も知らない橋を活用するのにはいいかもしれません」
 やったゲームは、『セイギレンジャー』。
 過去にも日記で取り上げたので、ゲームの詳細は過去のメールマガジンを見て下さい。
 (4月18日の日記参照)
 http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200405020600000000109927000
 今回私がプレイしたのは、極めて普通(?)の女性キャラ。
 いつもは“女好きな男”か“男狂いの女”という役柄が多いので(どっちも変わらんな)、ちょっと新しい性格に挑戦したのだが、これが見事に大失敗。
 強いモチベーションを持たない性格は、現実世界ならば控えめで大人しく周囲との調和も取れて悪くないのだろうけれど、ゲームの中では自らなんの指針も持たず状況に流されるだけというのは、周りのキャラ(プレイヤー)もどう付き合って良いか分からず困ったであろう。
 翻って、よくよく考えてみれば現実世界でも、当たり障りの無い人物というのは、接点が掴みにくく困るかもしれん。
 そうそう、今回の舞台設定は学校で私などは生徒という位置づけだったのだが、先生役をやったOくんはスゴかった。
 野球だのサッカーだのスキーだのというネタが出てくると、どんなスポーツでも「やった事がある」と胸を張り、しかし結局のところ下手という特色を出して、ちゃんとそれを場面場面で活かした活躍をしていた。
 ゲームとしても味のあるキャラに仕上がってるし、実際に絡みやすい。
 うう~む、TRPGは勝ち負けのゲームじゃないけれど、今日はOくんにしてやられましたなぁ。 
 
 ゲーム中に、なにやら体が揺れているような気がした。
 その時にはたいして気にしなかったのだが、帰ってからテレビのニュースを観たら、日本以西では各地に津波警報が出ており、結構大きな地震だった事が分かった。 
 どうやら震源地は、心配されている南海沖地震に近いらしい。
 
 ゲームが終わって、夕飯を食べに『牛角』へ
 http://www.gyukaku.ne.jp/
 H嬢が『特捜戦隊デカレンジャー』のカードが欲しいという事で、そのオマケがつくファミリーセットだかを注文した。
 食べながら、K氏に対して皆から苦言を少々。いや、かなりか。
 気分が塞ぎ込んでいて、それを本人も苦しんでいるというのは分かるのだが、それならそれでもう少し良い方向に現していかねばと。
 今日のゲームでのプレイスタイルで云うのなら、今回の舞台が学園と決まった段階で皆は同校の教師であるとか生徒であるとかという設定に落ち着けた中で、K氏は一人孤高のキャラに設定した。
 私も人と同じ事を嫌う性癖なので、その気持ちは良く分かる。
 しかし、人と違う事をする時には2つの覚悟が必要だ。
 1つは、無視される事を恐れない。
 もう1つは、接点は自分で作る。
 ハッキリ云って、これを気分が落ち込んでる時にするというのは無理があったのではないか。
 それで途中で不貞腐れてしまうのは、やはり良ろしくないだろう。
 神妙に話を聞いていたせいなのか、K氏が自分の目の前の肉ばかりではなく、他の人の前の肉まで食べてしまい、武井くんが注意した。
「Kさん、人の前にある肉を食べるのはやめようよ」
 私は基本的に肉を食べない人なので(野菜焼きばかり食べていた)、あまり気にしてなかったよ(苦笑)
 野菜を食べてもあまり恨まれる事は無いから。
 私も気をつけよう。 
 夜遅くになって再び同じ地域で地震。
 関東でも電車が一時止まったらしいが、その前に家に帰れて良かった。
 気象庁からは津波警報が出されて、珍しく解除まで長引いている模様。
 ニュースから流れてくる緊迫した雰囲気に少しドキドキ。
 テレビの向こうの出来事だと、ドキドキに加えてワクワクしてしまうのだが。
 某サイトでチャットをしていたら、女子大生のSちゃんが海の近くではないものの、揺れも大きく阪神大震災を経験していたため、ものすごく怖かったとの事。
「こわいです~(>_<)」
≪育児日記≫
 近畿で地震あり。
 1度めの20:00頃揺れに驚き、次郎が寝ていたのに泣きながら起きる。
 2度目の夜中には、ぜんぜん動じず、眠っていた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 感想や健康相談はコチラ(・v<)
 http://www.kitazono.jp/bbs_kitazono.htm
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆9月6日(月)/2004年◆
 お店のプリンターが紙詰まりで故障した。
 ローラーを緩める事ができず、詰まった紙が前にも後ろにも出ない。
 引っ張り過ぎて紙がちぎれ、紙片が中に残ってしまった。
 うう~、パソコンに続いてプリンタまで壊れるんじゃあるまいな。
 ちょっとイライラとしながら、慎重に紙片を取り出した。
 なんとか正常に稼動。良かった。
 歯の痛みで患者さんが来店。
 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)を勧めたのだが、漢方薬は嫌だと強い口調で断られた。
 まぁ、好き嫌いは仕方がない。
 代わりに痛み止めをくれというのでお出しして、飲み方を説明。
 ところが、こんな事を言う。
「一回飲めば治るだろ」
 痛み止めじゃ治りません。
 そう説明するのだけれど、「治ればいいんだ」と話を聞いてくれない。
 痛みが治まる=歯茎の腫れが治るという勘違いだろうとは予想できるのだが、どう言えば理解してくれるのか。
 痛み止めは、痛みを感じなくさせるだけなんですと説明しても、「だから治るんだろ」と堂々巡りとなり、結局は「治ればいいんだよ」とお金を置いて買われてしまった。
 むー(-_-;)
 ロサンゼルス国際空港で4日朝(日本時間5日未明)に小規模な爆発があったというニュース。
 当初はテロの疑いもあり、約4時間ほど空港が閉鎖されたという。
 実際にはテロではなく、日本人乗客のカバンの中にあった懐中電灯の電池2本が破裂して起きた事が分かったそうな。
 このニュースで私が驚いたのは、その“電池が破裂した”という事の方。
 電池が劣化していたからとか、空港職員が危険物でないか検査する時にプラスマイナスの向きを間違えて挿入したからとか、それはハッキリしないらしい。
 そっちの方をハッキリして欲しいなぁ。
 電池の注意書きでは、どちらも破裂する可能性を書いてあるけれど、本当に破裂する事があるのか前々から気にはなっていたんで。
 懐中電灯というから、使用していたのは家庭用の乾電池のはず。それが、破裂するってのは重要なニュースだと思うんですが。
 昨日の深夜に起きた2回目の地震で、津波警報が発令された和歌山県の太平洋沿岸21市町のうち、避難勧告を出したのが鳥羽、尾鷲市など計10市町だけだったというニュース。
 実際に県沿岸部には最大90cmの津波が到達し、避難勧告が出された自治体では5400人が公民館などに避難して、他の地域でも1575人が自主避難したとの事。
 勧告を出さなかった自治体の理由としては、海南市では「海は干潮に向かっていたし、津波による被害も無いと判断」したとコメントし、串本町は「東南海・南海地震ではない」事を理由としてあげているそうな。
 避難ってのは、難事を避けるためにするんだよ?
「被害が出るほどの波の高さではなかった」とコメントしていた自治体職員もいたけれど、難事が起きて被害が出てからでは意味が無いって分かってるのか。
 避難勧告を出さなかった自治体の一つ新宮市なんかは「津波の到達が非常に早いという事がよく分かった。警報ならすぐ避難勧告を出すよう、地域防災計画の見直しなどを急いで検討する」と反省しているという。
 良かったね、被害者が出ないうちに反省できて。
 津波の速度って速いんですけど。それに威力も凄い。
 私も知識として知っているだけで、実際の感覚としては「50cmの津波が観測されました」とかニュースで聞いてもピンと来ないのだが、津波は水深が浅い所では急激に高くなり、50cmの津波の場合は岸壁で3m以上に達する事もあるらしい。岸壁にいれば波にさらわれるのには充分な高さで、海岸沿いの道路を車で走っていれば、車ごと飲み込まれる可能性もある。
 そして今回の地震で津波が心配されたのは、震源地が海底だから。
 津波の速度は水深と比例しており、深ければ早く浅くなると遅くなる。一般的には、水深が500mで時速200km程度、水深100mで時速110kmで、海岸近くの水深10mで時速36km程度だそうだ。
 これだけを見ると海岸近くに来る頃には遅いようにも思えるが、水深の深い場所からの初速は速く、また遅くなってきても人間の走る速さは時速15km程度(それも全力疾走で1分も走れまい)だから、「来た!」と言ってから逃げ切れるものではない。 
 海沿いに住んでいて、住民の生活の安定や安全を図るべき自治体職員が、津波の認識を甘く見ているというのは恐い話である。
 尾鷲市などは、山が海まで迫る地形のため津波の危険性を的確に認識しており、市内のビジネスホテルとマンションの計2棟が“津波避難協力ビル”に指定されていて、今回の地震でも同市のマンションに6人が一時避難したという。
 住むなら、こういう自治体に住みたいものですな。
 一部には、「避難勧告が相次ぐと住民への指示徹底が図られない恐れもある」という意見もあるようだが、個人的にはそれで避難する事を控えるような人は助けなくてもいいんじゃないかね。
 とにかく、情報を出すところまではキッチリやってもらいたい。 
≪育児日記≫
 夜、少なからず台風18号の影響を受けて雨。
 しかし明け方、次郎はすっきりとした顔で起きた。
 ……スッキリした文章過ぎて、育児日記になってないやん(^_^;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の日記の内容は、いかがでしたか?
【感想アンケートのURLはコチラです】
http://www.kitazono.jp/votecom_kitazono.htm
■■■■■■■■■■■■■■■□免責事項□■■■■■■■■■■■■■■
 記載内容を利用して生じた結果につい て、当方では責任がとれませんのでご了承ください。
 また、筆者が思った事や感じた事を率直に書いている事柄に関しましては、反証可能な事実誤認以外の訂正には応じられません。
 URLで紹介した先のページの著作権は、そのページを作成した人にあります。
 URLを紹介する事に違法性はありませんが、文章等を転載する場合は、作者の許諾が必要となります。
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& 趣味の活動 &&&&&&&&&&&&&&&&&&
◆TRPGのサークルに所属しています。
 卓上ゲームが好きな人や、興味のある方は覗いてみて下さい。
 また、『コミュニケーション』のコーナーでWEBラジオ番組『幻想時間』を公開しています。
 私は主に、映画についてトークをしています(・v<)
 http://www.snake-eyes.gr.jp/
------------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
 解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000109927.htm から。
------------------------------------------------------------------------

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート