通導散(つうどうさん)
………月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(めまい、頭痛、肩こり)


適応症状

 比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちな人の次の症状:
 月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(めまい、、肩こり)

用方・容量(顆粒製品の場合)

 1日3回、成人1回1包(2.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
   枳実(キジツ)3.0g   厚朴(こうぼく) 2.0g
   大黄(ダイオウ) 3.0g   陳皮(チンピ)2.0g
   当帰(トウキ) 3.0g    木通(モクツウ) 2.0g
   甘草(カンゾウ)2.0g  蘇木(ソボク) 2.0g
   紅花(こうか) 2.0g    無水芒硝(ボウショウ) 1.8g
  以上の割合に混合した生薬より得たエキス4.5g含有します。

類似処方鑑別

桃核承気湯
 体力が充実した人で、下腹部の抵抗・圧痛を認め、精神神経症状が激しい場合に用いる。

大黄牡丹皮湯
 比較的体力が充実した人で、下腹部は緊張し、特にその一部に自発痛、抵抗・圧痛などの症状が激しく、精神神経症状があまり認められない場合に用いる。

桂枝茯苓丸
 体力中等度の人で、症状がより緩和で便秘が無く、下腹部の抵抗・圧痛が比較的軽度の場合に用いる。

防風通聖散
 体力が充実している、いわゆる卒中体質者で、肥満し、便秘があり、臍(へそ)を中心に膨満かつ充実している場合に用いる。この場合、時に本方と合方されることもある。

使用上の注意

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)


2.次の患者には慎重に投与すること
 (1)治療上、食塩制限が必要な患者。
 (2)妊娠および妊娠している可能性のある婦人には慎重に投与すること。


3.服用中または服用後は、次のことに注意してください
 (1)電解質代謝:長期連用により低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重の増加等の偽アルドステロン症が現れる事があるので、観察を充分に行い、異常が認められた場合には投与を中止する事。また、低カリウム血症の結果としてミオパチーが現れる事がある。
 (2)消化器系:下痢、腹痛、食欲不振等の胃腸障害を起こすことがある。


4.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。 


5.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。


LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート

通導散(つうどうさん)
………月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(めまい、頭痛、肩こり)
への2件のコメント

  1. ダイエット基礎知識

    ダイエットの基礎知識はいろいろあります。
    その中でも気になりそうな項目をピックアップしてみました^^
    1  子どものころに太っていると痩せにくいって本当?
     

  2. 肩こり マッサージ 方法

    9割のOLが凝っているもの… それは肩!OLの大半はデスクワークの事務職。パソコンに向かって長時間座りっぱなしで、ほとんどの人が肩こりに悩まされているようです。オフィスでこ…