帰脾湯(きひとう)
………貧血、不眠症

適応症状  

 虚弱体質で血色の悪い人の次の症状:
 貧血、不眠症

用方・容量(顆粒製品の場合)  

 1日3回、成人1回1包(3.5g)を食前にお湯または水で服用してください。
 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)  

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。
   黄耆(オウギ)3.0g         人参(ニンジン)3.0g
   白朮(ビャクジュツ)3.0g     茯苓(ブクリョウ)3.0g
   遠志(オンジ)2.0g         大棗(タイソウ)2.0g
   当帰(トウキ)2.0g         甘草(カンゾウ)1.0g
   生姜(ショウキョウ)1.0g      木香(モッコウ)1.0g
   酸棗仁(サンソウニン)3.0g    竜眼肉(リュウガンニク)3.0g
 以上の割合に混合した生薬より得たエキス4.5g含有します。

類似処方鑑別  

加味帰脾湯 本方の症状に準じ、身体が衰弱して微熱や胸苦しさなどがある場合に用いる。

十全大補湯 体力が衰えて顔色が悪く、疲労倦怠感を訴えるが、本方よりも神経症状が軽度の場合に用いる。

桂枝加竜骨牡蠣湯 貧血はあまり無いが精神不安、不眠、陰萎などを訴える場合に用いる。

きゅう帰膠艾湯 消化機能には異常無く、出血を主症状とする場合に用いる。

黄連解毒湯 体力のある人が、興奮、のぼせの傾向を伴い、比較的急性に起こる出血の場合に用いる。

使用上の注意  

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください
 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。
 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。
 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)


2.副作用
 (1)電解質代謝:長期連用により低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重の増加等の偽アルドステロン症が現れる事があるので、観察を充分に行い、異常が認められた場合には投与を中止する事。また、低カリウム血症の結果としてミオパチーが現れる事がある。
 (2)消化器系:下痢、腹痛、食欲不振等の胃腸障害を起こすことがある。


3.保管及び取扱い上の注意
 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。


4.その他
 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート