患者さんが『ロキソニン』をお気に入りな理由は? 「好き」な物のコトをもっと知って下さいな

 お客様から『ロキソニン』の内服薬を求められ、薬剤師のいないお店なので置いていないことを伝え、『ロキソニン』でなければならない理由が無ければ、同じ系統で化学構造式の似たイブプロフェンで代用できると考えられることと、 『ロキソニン』は早く効くものの体から抜けるのも早いとお話したところ「私、看護師なんで!」とキレられて、こちらの顔も見ずに無視された。
 近くの薬剤師がいるドラッグストアの紹介を申し出たけれどやはり無視され、しかしイブプロフェンとアセトミノフェンを合わせた『バファリンルナi』を買っていかれた。
 何なんだ 一体( ´Д`)=3

 お客様から、乳首を保護する『ピジョン リペアニプル』を求められ、取り扱っていないことを伝えたうえで、『』で代用しても良いと思われることをお話しすると、『』は家にあるとのことで、近くのドラッグストアを紹介した。

 お客様から内服の『ロキソニン』を求められ、置いていないことを伝えて、効果が早い代わりに体から抜けるのも早く、1.5倍ほど長く効くイブプロフェンでの代用も考えられることをお話したところ興味を持たれたので、成分によっても鎮痛剤の効き方が異なることを説明した。
 『ロキソニン』のロキソプロフェンと『イブ』のイブプロフェンは同じプロピオン酸系で、痛みの伝達物質の生成を抑えるとともに、その信号を受信する中枢神経系にも作用するため、その意味において鎮痛効果が高い。
 しかし効果が高ければ良いとは言い切れないのが、人体の神秘というもの。
 特に、痛みの伝達物質は胃を保護する役割も持っているため、痛みを止めるというのは胃を保護する機能も止めてしまうということであるから、服用するさいには食事を消化の良い物に切り替えるのが望ましい。
 『バファリンA』のアスピリンは、中枢神経への効果が期待できない代わりに、痛みの伝達物質を作り出す末梢神経の炎症を抑えてくれるから「痛い場所に効く」と言えるし、血液をサラサラにする効果もあるため、肩こりと連動した緊張型や、眼精疲労によるに適していると考えられる。
 ただし、歯茎から出血している歯痛だと血が止まらなくなるため避けたほうが良いし、胃の保護成分が入っていても、やはり胃への負担が懸念される。
 胃への負担が少なく、用の鎮痛剤にも採用されているアセトアミノフェンは『タイレノール』や『バファリンルナJ』などがあり、新型コロナウイルスではその安全性が誤解され、買占めによる品不足に陥ってしまった。
 だが、中枢神経には効いても末梢神経への働きがほぼ皆無なため、痛みには効いても炎症には効果が無いという弱点があり、また胃に優しくても肝臓への悪影響は報告されていて、毎日飲酒するような人には向かない。
 あまりお目にかかることの無いイソプロピルアンチピリンは、中枢神経に効いて末梢神経への効果が弱いうえ、胃への負担も大きく重篤な副作用の発現率が高いから、個人的には積極的に勧めにくい。
 お客様の主訴は生理痛だというので、なおさら 持続時間の長い方が向いてるとお話して、イブプロフェンに筋肉の痙攣を抑えるブチルスコポラミン臭化物を加えた生理痛専用薬の『エルペインコーワ』を紹介し、イブプロフェンとアセトアミノフェンを組み合わせた『バファリンルナi』を試していただくことになった。
 ただ、生理痛で病院を受診したことがないというため、漢方薬を併用する方法もあることと、子宮筋腫や子宮内膜炎のお話もした。
 を産んでいるから大丈夫とのことだったが、子宮内膜炎の方は細菌感染で起こるから油断はできないことを伝えた。
 なにより年齢とともに内蔵の状態は変わっていくから、同じ病院に通ってデータを積み重ねていけば、異常に気づいてもらいやすくなる。

「頭痛と鎮痛剤の微妙なカ・ン・ケ・イ」

と鎮痛剤の微妙なカ・ン・ケ・イ」

以下の記事も読まれています。


 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート