セルフメディケーションは、自己判断だけで出来ることではありません。専門家に相談を忘れずに

 お客様が『サンテ FXネオ』をレジに持ってきて、疲れ目にこれで良いかと尋ねられたので、目の筋肉の疲労を癒やすネオスチグミンメチル硫酸塩が入っているので適していると答えたうえで、病院でも処方されることがあるビタミン B12製剤は神経に働きかけることを説明して『ソフトサンティアひとみストレッチ』を紹介してみたけれど、予算と合わないのか乗ってこなかった。
 ただ、『サンテ FXネオ』に入っている充血取りの成分である塩酸テトラヒドロゾリンは、血管を収縮させて血液が流れないようにしてしまい、頻繁に使うと栄養が行き届かなくなってしまう。
 同じく塩酸テトラヒドロゾリンが入っていても量は少なく、価格も安めなビタミン製剤の目薬として『スマイル40EX』を案内してみたら、そちらに変更となった。
 目薬を点すと、目は異物を排除しようと涙で押し戻したり、目の裏側から鼻を通して流してしまうので、目を閉じて少し下を向き閉じ込めておくのが良く、できれば5分間は閉じたままにしておくようお話をした。

 お客様が『アレグラ FX』の小容量を購入されるさいにヒアリングしたところ、初めて使うというので、身体との相性を知るために小容量から始めるのは良い判断ですとお話した。
 ただ、『』もそうであるように『』などのアレルギー薬は、身体が原因物質と反応しないように予防的に用いるのが効果的なので、毎日欠かさずに服用するために、具合が悪くならなければ大容量を検討するよう伝えた。
 また、しっかり効いてくるまで数日かかる可能性があるから、すでに症状が強く出ている場合には、目薬や点鼻薬の併用が必要になることを説明した。
 そして、養生法として花粉症と腸のお話をした。
 花粉症は、本来はウイルスなどの外敵と戦うための免疫機能の暴走。
 その免疫機能の司令塔として働くのが、脳と同じ細胞を持つ腸である。
 ところが、冷たい物を飲食してお腹が冷えたり、消化が忙しくなるような食事をしてしまうと腸の機能が低下して、敵味方の識別が正常にできなくなる。
 つまり、腸が働きやすい環境を整えてあげるのが、花粉症の対策。
 簡単なのは、温かい物を積極的に飲食し、お風呂は湯船にしっかり入り、下半身に厚着をする。
 さらに、食事を消化の良い物に切り替え、乳酸菌の摂れるヨーグルトや漬物などを食べれば、なお良い。

 高齢の常連のお客様からウオノメの薬をと要望され売り場を案内すると、まだハッキリ症状は現れていないものの、硬くなってきたとのことで『イボコロリ』のテープタイプを購入された。
 ただ、自分で垢コスリで患部を擦っているいるというので、それはやめて病院を受診するよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート