家にある薬を無駄にしないためにも、写真を撮ってくるか、薬箱をお持ち下さい

 お客様が消毒液の棚を見ていて、『オキシドール』をレジに持ってきたので刺激が強いことを説明し用途を尋ねたところ、傷口が膿んでいるとのことだった。
 抗生物質の塗り薬はあるというから、そちらを使うよお話すると絆創膏を求められ売り場を案内したところ、怪我をしたのは一週間も前とのことだった。
 そのうえ患部は足の甲で、あると言っていた塗り薬も本当に抗生物質だったかは覚えていなかった。
 薬はクリーム剤というため、抗生剤なら軟膏であることが多いのと、患部が靴と擦れるから絆創膏代わりに保護するためにも、軟膏が良いと考えられることをお話した。
 すると、「やっぱり病院に行ってみる」とお帰りになったけれど、本当に行ってもらえるのか、それとも面倒と思われたのか、微妙な表情をされていたのが気になる。

 お客様がスキンケアの棚で迷っている様子で気にかけていたところ、『キズカイン』をレジに持ってきたのでヒアリングすると、手に何かが触れると痒くなってしまうとのことだった。
 家に虫刺されの『ムヒアルファEX』があるというため、短期間の使用であればステロイド剤の方が効果が高いから、先に使ってみるよう勧めたうえで、『キズカイン』をお買い上げいただいた。
 ステロイド剤というと怖がる人もいるけれど、ステップダウン方式と言って強い薬を最初に使って症状を短期で抑え込み、症状が軽減するに従って薬も弱い物に乗り換えていくほうが、弱い薬をダラダラと長く使っていくよりも身体へのダメージを軽減できる。
 それに較べて『キズカイン』は、殺菌剤に局所麻酔と痒み止めが入っているものの、炎症を抑えるという観点から見ると効果が弱い。
 そう説明すると、お客様からは「先に聞けば良かった」と言ってもらえた。
 薬を買う前に、家にある薬をスマホで写真を撮っておくか、薬箱を持ってきてもらえれば、無駄にせずに使える薬のアドバイスをできるので、ぜひ相談して下さいな。
 お客様が何に触れると反応してしまうのか分からないけれど、天候や時間帯なども関係するかもしれないため、痒くなったときに気がついたことをメモして、病院を受診してみるよう勧めた。

 やや高齢のお客様が、モイストヒーリング(湿潤療法)の『キズパワーパッド』と普通の絆創膏をレジに持ってきたさいに手に包帯をしていたので、前者は新しい傷に使うことを伝えると、一昨日に火傷(やけど)をして、昨日に水疱が破れ痛みがあるとのお話だった。
 水疱が破れたばかりであればモイストヒーリングを使うのは適しているものの、塗り薬は使ってはいけない。
 そして患部が痛むようであれば、局所麻酔の入った『メモA』が良いだろけうと思い案内すると、使っていたというため継続を勧め、普通の絆創膏のみお買い上げいただいた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート