薬の試供品を貰うときにも、使ってる薬や持病との確認をお忘れなく! お薬手帳が役に立ちます

 やや高齢のお客様に、ジクロフェナクナトリウム製剤の『フェイタスZαジクサス』の試供品をお渡しするさいに、飲んでいる薬や持病に気をつけなければならない薬であることを伝えところ、降圧剤を飲んでるというため、お薬手帳を見せていただいた。
 血管を拡張する降圧剤と分かったので、ただちに問題は無いものの、飲み薬が貼り薬と影響するとは思わなかったというため、他の市販薬も使う前に調剤してる薬局に問い合わせたり、使ったら成分表示をお薬手帳に貼って医師に報告するよう勧めた。
 正直、製薬メーカーからの依頼で薬の試供品を配るのは危ないし、配る手間も面倒なのだけれど、こうしてお話できるチャンスだと思えば活かさない手は無い。
 お客様が、『フェイタスZαジクサス』の試供品をを肩こりや腰痛に使おうと思っていたというので、肩こりにはモッタイナイと伝えた。
 市販の外用消炎剤の中では、一番鎮痛効果が高くて浸透力にも優れているから、やはり腰痛や、捻挫とか打撲といった急性症状のほうが向いているだろう。
 ただ、鎮痛効果が高い代わりに、日光に当たると日光皮膚炎を起こす可能性があり、しかも成分が血液にまで入っていくから、貼った患部以外の場所にもその副作用は現れ、それだけに副作用とは気づきにくい。
 また、その浸透力ゆえに腎臓などの循環器系に持病がある場合には、先述したように注意が必要なので、通院しているようならば使う前に医師や薬剤師に確認しておくべきである。

 お客様に『フェイタスZαジクサス』の試供品をお渡しするさいに注意事項を伝えると、以前に整形外科に行ったきりで現在は整骨院に通ってるというため、他の病気に気をつけるためにも年に一度は病院で診てもらうよう勧めた。
 整骨院や整体院を病院だと勘違いしている人がいるけれど、薬は処方できないし検査体制も異なる。
 腰痛が実はガンだったというケースもあるから、「病院に行っても治らない」とか「いつも同じ薬を出されるだけ」と思っても、同じ病院に通う続けて記録を残すことにより異常を察知してもらいやすくなるし、別な病院にかかるさいには紹介状を書いてもらうと自身の診療記録を持っていくことができるから、病院からは離れないほうが良い。
 そして、市販薬を使ったらお薬手帳に成分表示を貼っておくよう勧めると感心された。
 薬の試供品の配布が、こうして病院に通うことの意味や、お薬手帳の重要性を伝えるキッカケになるので、製薬メーカーさんはどんどん送ってきて下さい( ^ω^ )←さっきと言ってることが違うゾ

 お客様に、フェルビナク製剤の『フェイタス5.0』の試供品をお渡しするさいに、決してリスクが低い薬ではない事と、鎮痛効果ではジクロフェナクナトリウム製剤やインドメタシン製剤よりは弱いものの、成分が体内に浸透するため他に飲んでる薬や持病に注意が必要なことをお話したところ、驚かれた。
 もう驚かれることにはなれたけれど、これほど知られていないと日々の薬の販売が、余計に心配になる。
 なにしろ、多くのお客様は一言も相談せずに、自身で薬を選ぶのが当たり前。
 相談しないのは、良く知っているからでも良く調べているからでもなく、「相談する必要性を感じていない」か「何を相談するべきかを知らない」ということなのだろう。
 今回のお客様からは、薬剤師に相談した方が良いのか訊かれたので、「その通りです」と答えた。
 病院を通院してる内容はお話いただけけなかったた、お薬手帳に市販薬の成分表示を貼って、病院から処方されている薬と一元管理するよう勧めた。
 薬を試供品を配布していると大喜びで貰いに来る人がいますが、「クスリはリスク」であり、「ちょうど良ければ薬、強ければ毒、弱ければスパイス」という言葉もあるので、注意事項は良く読み、もし読むのが面倒でしたら店頭で確認して下さませ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート