最終的に決めるのは患者さんなので、参考になる情報は提供していきたい

 子供を連れたお客様が薬を子供に選ばせていて、『キッズバファリンかぜシロップS』をレジに持ってきたのでヒアリングしたところ、主訴は鼻水というため解熱鎮痛剤などは不要で、不要な成分の処理が体に負担となることを説明し、『ムヒこども鼻炎シロップ』を案内したところ変更となった。
 ただ、先の説明の時に、下半身に厚着をさせて温かい物を飲ませるだけでも鼻水は治るかもとお話したら、と迷わせてしまった。
 鼻水の原因の多くは内臓の冷えだから、冷えを解消さえすれば解決する可能性は高い。
 お風呂には入っているそうなので、それは良い事と伝え、子供は温かい物を飲みたがらないことが多いから、紅茶にハチミツを入れた物やココアなどを例に挙げた。
 子供が冷たい物を飲みたがるのは、基本的に体の中に熱が籠もりやすいからである。

 子供を連れたお客様から総合風邪薬を求められたけれど、常備薬にするとのことで、どれを選んでも必ず咳止め成分が入っていて、主に覚醒剤系と麻薬系なため、咳が無い時に使うとかえって身体に負担がかかってしまうことを説明し、鎮痛剤と咳止めと鼻炎薬を別々に揃える方法を提案した。
 しかし反応が鈍かったので、風邪薬の中では珍しい部類の、咳止めが入っていない『PL顆粒』を紹介し、同じ薬が病院で処方されることもあると伝えると購入された。
 喉が痛むとか発熱し始めなどの初期の段階で食事を消化しやすい物に切り替えるのが良いとお話すると、受け入れてはくれたけれど理由は訊かれなかった。
 答えに飛びつくタイプなのかもしれない。
 食事を早い段階で切り替えるのが良い理由は、消化するのにもエネルギーを必要として、風邪を治すエネルギーが不足するのを防ぐためである。
 普段からよほど不摂生をしていなければ、水分と塩分補給にインスタント味噌汁やスープで済ませても良いくらい。

 女性のお客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師のいないうちの店では取り扱っていないことを伝えてヒアリングしたところ、ご主人が肘の痛みを訴えてるとのことだった。
 病院で『ロキソニン』が処方されたそうだが、内服薬ではなく外用消炎剤ならば『ロキソニンテープ』を置いてあることをお話しすると、ご主人も来店していた(^_^;)
 自分の薬なのだから、奥さんに任せないでもらいたいところ。
 用途や症状の確認がてきなければ、取り扱っていても安易に販売できません。
 しかしご本人がヒアリングに応じてくれないため、痛さの程度も分からず、ロキソプロフェンと同じ系統のイブプロフェンの鎮痛剤を提案するのも受け入れてもらえそうになかったため、近くの薬剤師のいるドラッグストアを案内した。
 突発的な頭痛なんかなら早く効き始めるロキソプロフェンの方が良いだろうけど、身体から抜けるのも早いことを考えたら、継続的な痛みでろう肘の痛みには持続時間の長いイブプロフェンの方が向いていることもお話したんですけどね、いっさい耳に入れてもらえなかった。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート