点鼻薬に「鼻水」「鼻づまり」と書いてあっても、中身によって得手不得手があります

 子供を連れたノーマスクのお客様が点鼻薬の『ナザールスプレー』を購入されるさいに、鼻水ですかと症状を尋ねたところ、「マスク忘れただけだから!」と怒られた。
 恥ずかしかったのだろうか。
 『ナザールスプレー』の効能書きには鼻水と鼻づまりの両方が書いてはあるけれど、実のところ得意なのは鼻水を止める方で、鼻づまりならばステロイド剤の方が向いているから主訴を確認したかったのだけれど。
 それから、『ナザールスプレー』のような鼻炎を抑える点鼻薬は使いすぎると副作用が鼻炎なので、連続で使う場合には、使わない休憩期間を挟むように伝えたかったのだが、それもできなかった。
 鼻水が分泌される腺をキュッと締めて鼻水を止める時に血管も締めてしまい、患部の栄養が不足するのと、薬効が切れて血管が開いたところへ血液がドッと流れて血管の内側をこすることにより炎症を招く。
 また、鼻水は分泌する腺を閉めれば良いから効果覿面であるものの、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して腫れることで起きるため、副作用がそのまま鼻づまりの原因になってしまう。
 ステロイド剤ならば、炎症を抑えるのが得意なので鼻づまりに適している。

 常連のお客様から咳と鼻水に『新ブロン液エース』で良いか尋ねられ、症状は激しくないようなので、内容が豪華すぎるとお話して『プレコール持続性せき止めカプセル』を提案した。
 また、鼻水の方が主体であれば鼻炎薬にも咳に少しは効果がある成分が入っていることを説明すると、以前に『』で吐き気がしたとのこと。
 主成分のフェキソフェナジンは脳への影響は少なはいずだが、水分代謝などに影響があるのだろうか。
 吐き気については、ちょっと原因が分からない。
 ただ、同じ鼻炎薬でも『パブロン鼻炎カプセルSα』などとは身体の中での効き方が違うが、やはり咳の方が気になるようなので、液剤よりも残ったら保管しやすい錠剤をと勧め、水様の痰が出るとのことから『ブロン錠』を使っていただくことになった。
 痰が引っかかる場合には、喉を潤す成分の入っている『ブロン錠エース』の方が適応する。
 お客様に、体が冷えた覚えがあるか尋ねると、雨に濡れて部屋はエアコンが効いているとのことだった。
 水様性の痰や鼻水は、内臓が冷えると起きる現象だからだ。
 なので、温かく消化に良い食事を勧めたところ、ガツガツ食べていたというためヽ(・ω・)/ズコーッとなった。
 でも、蜂蜜を入れた紅茶を飲んでたと分かり、そのおかげで悪化せずに済んでいた可能性もあることを伝えた。

 お客様が『冷えピタ』をレジに持ってきたさいに用途を尋ねると、ご主人が頭痛で熱中症かもというため、効果は冷たく感じるだけであることを説明し水枕を勧めたところ両方を購入された。
 また、熱中症は内臓にもダメージがあることをお話して、消化に良い食事をするよう勧めた。
 冷やし中華はどうかと訊かれ、体を温めようとエネルギーを無駄に消費してしまうので、体の表面は冷やしつつも、むしろ温かいスープや味噌汁などで水分と塩分を補給した方が良いことをお話した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート