ドラッグストアーには、薬を買う必要が起きる前から通ってみましょう

 やや高齢のお客様から、医薬品ののど飴を希望されたけれど、喘息に複数の薬が病院で処方されていて、その中には漢方薬も2種類あるとのことで、しかし内容は覚えていないというため勧められないことを説明した。

 『浅田飴』なども現代薬の咳止め成分との影響を考慮しなければならないし、漢方薬が出ているとなれば生薬の重複も心配だからだ。

 すると、習い事の最中でも咳を止めたいというので上半身を潤す『麦門冬湯』と、緊張感を緩めて呼吸しやすくする『半夏厚朴湯』の他に、やはり喘息に用いる『柴朴湯』を紹介したうえで担当医に相談してみるよう勧め、お帰りいただいた。

 ただ受診勧奨するだけでは、良く分からないから医者に丸投げしたと思われて、今度は他の店で相談せずに自己判断で薬を買い求めてしまうかもしれないから、ある程度の根拠を示さないとならないのが難しいところ。

 そうそう、お客様は水泳をしているそうで、喘息があるならばゆっくり泳ぐようお話すると、他の人からも「早すぎ」と言われた事があるそうだ。

 そして喘息は、息を吸うより吐く練習をするのが大事と伝えた。

 喘息での呼吸困難は、息を吸うことより吐くのが難しくて苦しくなるので、深呼吸も吐き方を意識しなければならない。

 お話することが多くて、今回はお薬手帳の重要性のことは伝えられなかった。

 色々と伝えたい事が多くても、あれもこれもでは嫌がられるし記憶にも残らないだろうから、次にまたいらしてくれることを期待。


 お客様が『バファリンプレミアム』を購入されるさいに『バファリンA』とは成分が別物と伝えたところ、「胃に優しいイメージ」だから選んだとのことだった。

 純粋に鎮痛剤の成分で比較するのであれば、『バファリンA』のアスピリンの方がイブプロフェンよりも胃に負担がかかると考えられるのだが、そのため『バファリンA』には胃の保護成分が入っている。

 昔のテレビCMなどで言っていた、「半分は優しさでできている」というヤツである。

 一方、『バファリンプレミアム』はイブプロフェンとアセトアミノフェンという2種類の鎮痛剤を合わせて、さらに鎮静剤を加えることで効果のアップを狙っているものの、その成分は注意力を落してしまうから車の運転などは気をつけなければならないし、依存性のある成分でもあるため連用には気をつけてもらいたいところ。

 『バファリンルナi』ならば、同じくイブプロフェンとアセトアミノフェンを合わせていても鎮静剤が入っていないから、その点では安心と云える。

 個人的には、生理痛を全面に押し出している『バファリンルナi』の方が、頭痛よりも連用する心配が少ないだろうから、こちらに鎮静剤が入っていても不思議は無いと思うのだけれど。

 あと、イブプロフェンが痛みの信号の発信と受信の双方を抑えるのに対して、アスピリンは神経の先っぽである末梢神経に効果があるため『バファリンA』は歯痛とか肩こりの痛みに向いている。

 このように、鎮痛剤にも得手不得手がある事をお話してみたところ、お客様はズキズキする頭痛に使うというため、胃の不具合と関係することを説明すると胃が弱いとの事で、頭痛がしたら食事も胃に優しい物にするよう勧めた。

 というのも、痛みを伝える信号と胃を保護する信号は同じホルモンが兼ねており、痛みを止めると胃の保護機能も止まってしまうのだ。

 つまり、イブプロフェン自体が直接的に胃を傷めることは無くても、どのみち胃には悪い影響がある。

 そして、胃を悪くするとズキズキとした頭痛が起こり、鎮痛剤が必要になるという具合に無限ループに陥ってしまうから、それを断ち切るためには胃をいたわる食事にするのが必要なんである。


 お客様から消毒用エタノールを求められ売り場を案内すると、小容量を購入された。

 あまり使わないとの事だったけれど、インフルエンザなどの感染症対策には冷蔵庫の取っ手など、手の触れるところの拭き掃除が有効なことを伝えると驚かれた。

 手を口元に持っていったり目をこすったりすることは案外と多いから、ぜひ拭き掃除には励んでもらいたいところ。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。