薬に情報もサービスでお付けしますんで、ちょいと相談していかれませんか?

 お客様から、肘サポーターでクッションのある物をと求められたけれど、うちの店には置いていない。
 詳しく訊いてみると肘の水を抜いたそうで、整形外科の病院の門前薬局なら置いてある可能性をお話したところ、病院近くの調剤薬局には行ってみなかったそうだ。
 とりあえず無い知恵絞って、薄手のサポーターにガーゼを当てる方法を提案したところ、ガーゼと傷用パッドを購入された。

 夫婦のお客様が『のびのびサロンシップ』と『バンテリン液EX』を持ってきたので、違う強さの薬を選ぶ理由を尋ねたところ、違いを知らなかったという。
 鎮痛効果の強さで言えば『のびのびサロンシップ』は『サロンパス』や『トクホン』などと同じサリチル酸系で一番弱く、肩こりなどでの常用に向いている。
 まぁ、弱いというのは少し違って、正確にはチクチクとした弱い刺激が特徴。
 いわば痒いところを叩くて痛みで痺れて痒みが気にならなくなるようなもので、軽い痛みに刺激を与えれば痛みが感じなくなるのと、その刺激により血行を良くする効果を狙っている。
 一段強くなるとフェルビナク製剤の『フェイタス5.0』などで、こちらは浸透力も上がる代わりに喘息などがある人は注意が必要。
 その上に来るのが『バンテリン』シリーズのインドメタシン製剤となり、特に打ち身や捻挫などの急性症状に使うのが効果的である。
 そして鎮痛効果としては同じくらいで、血液中にも入っていくジクロフェナクトリウム製剤の『ボルタレン』シリーズは腰痛など、体の深いところの痛みに役立つのだけれど、心疾患や腎臓疾患など循環器系を患っている人は、医師に相談してみたほうが良い。
 よく「一番効くのを」とか「副作用の少ない物を」という要望も受けるのだけれど、薬を使うときに考えるべきなのはリスクと効果である。
 例えば、やはり一番鎮痛効果が高い部類に『ロキソニンテープ』があるが、これは副作用として消化器官の血管を細くしてしまうことから、胃潰瘍を患ったことのある人には注意が必要で、ジクロフェナクトリウム製剤とは注意点が異なる。
 他の例で説明するのなら、血圧を下げる降下剤には「血管を拡張する」「血液をサラサラにする」「利尿作用によって水分を排出する」といった種類があり、それぞれ目的は同じでも身体の中でやっていることは異なっていて、患者さんの状態を勘案して選択される。
 だから外用消炎剤を選ぶのにも、「どの程度の痛み」が「いつから続いている」のかと、「原因として思い当たることはあるか」の他にも、持病やその治療に使っている薬はあるかなど、必要な情報は多岐に渡る。
 今回は、ご主人が運動で体を痛めることがあるというので、真ん中あたりを取ってフェルビナク製剤のテープを案内し、変更となった。
 肩こりなどなら弱い物から強めの物にステップアップしていき、ギックリ腰や捻挫とか打撲のような急性症状には強い薬から使うステップダウン方式が望ましい。
 これが、患者さんが来ておらず頼まれ物だったりすると、症状のヒアリングがまず難しいし、リスクの説明はおろか効果的な使い方も伝えきれなくて難儀してしまう。
 これまでにも、一番強いはずのジクロフェナクトリウム製剤の貼り薬を自分で選んで買ったら「効かなかった」とお客様から相談され、よくよく訊いてみると寝る前に貼って朝出かける前に剥がしていたなんてこともあった。
 血液中にも成分が入っていくのが特徴なのに、貼る時間が短すぎだったのだ。
 そして現状は、患者さん本人が店に来ていても相談されないため、良く分からないまま効果の違う薬を2種類買おうとする状況が発生するという次第。
 お客様には、薬を選ぶさいは、まず店員を捕まえて相談してみるよう勧めた。

 お客様から『バルサン』を求められ売り場を案内し、引っ越してきての入居だというので、2週間後にもう一度使うのが卵対策に効果的とお話した。
 燻煙剤はゴキブリには効いても、卵には効かないから卵が孵った頃にまたやるのだ。
 そして、来年は2月頃に焚くのがお勧めですともお話した。
 ゴキブリを倒すだけじゃなくて追い出す効果もあるから、自分の家に急にゴキブリが増えたという場合は近所で燻煙剤を焚いて逃げてきた可能性も考えられる。
 つまり、燻煙剤を焚くのは「早い者勝ち」なんである。
 お客様からは、「いい話ありがとう」と言っていただけだ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート