薬を時間をかけて選ぶのが無駄な時もある?

 若い2人組の男性のお客様が鼻炎薬の棚で迷ってる様子で、『パブロン鼻炎カプセルSα』をレジに持ってきたため、同じ並びの商品はどれを選んでも同じ処方だったから、ブランド名でも価格でも剤形でも好きな物を選んでいただいて良いことを説明したうえで、お買い上げいただいた。
 また主訴は鼻水だというため、内臓の冷えが原因と考えられ、温かい物を積極的に飲んで、下半身に厚着をし、しっかり入浴を勧めると住まいがユニットバスだというため、太い血管の通っている背中側にシャワーを重点的に浴びる方法を教えた。
 少しでも長く浴びたいので、シャワーに背中を向けたまま髪や体を洗うのだ。

 若いお客様が外用消炎剤の棚で成分の異なるものを見較べていたので声をかけ、それぞれの鎮痛効果と浸透力の違いを説明したところ、家族が腰痛とのお話だったので血液中にまで浸透するジクロフェナクトリウム製剤を案内し、テープ剤をお買い上げいただいた。
 そのさいに、同じ処方であれば選ぶ基準はブランド名でも価格でも良いとお話すると、妙にウケた。
 また、家族はお薬手帳を作っているそうなので、市販薬の成分表示も貼って病院の薬と一元管理するよう勧めて、お薬手帳の必要性を説明すると、何故かそちらもウケた。
 ウケを取れると、芸人(?)としてとても嬉しい( ^ω^ )
 お話した内容は、お薬手帳は病院に行く時だけでなく普段から持ち歩くのが大事ということ。
 出先で事故に遭い気を失っていたら、駆けつけた救急隊員は身元確認のために荷物をチェックするはずで、そのさいにお薬手帳があれば早く処置に入れる。
 処置の早さは救命率に関わってくることで、仮に大した病気をしたことが無いからお薬手帳が真っ白だとすれば、心臓疾患や循環器系などを患っていないと分かる。
 つまり、「書いて無いことも情報」なんである。
 反対に既往症で常用している薬がある人なら、地震など大規模災害で家に帰れないまま避難所に行った場合、救援物資に使っている薬を入れてもらうよう依頼できるし、お薬手帳を持ってさえいれば、医師の診察を受けなくてもその薬を受け取ることができる。

「おくすり手帳と個人情報の使い方」

 子供を連れたお客様が『酸化マグネシウム』の製品をを見較て迷っていたので声をかけ、処方はどの製品も変わらないのでブランド名でも価格でも好きな基準で選んで構わないことを説明し、『酸化マグネシウムE便秘薬』をお買い上げいただいた。
 妊娠中に病院から処方されていたそうで、現在の便通は3日くらい間が空くというお話だったけれど、苦満感などがが無ければそれがサイクルなので心配はいらないと伝えた。
 子供の頃に、毎朝排便があるのを当たり前と思い込まされていると不安になるかもしれないが、あれは習慣づけるための教育の一環であり、人間の体は機械ではないから実際には人のリズムはそれぞれ。
 睡眠時間の長さなども人によって違うから、昼間に急激な眠気に襲われるとかでなければ、睡眠時間が短いとか寝付くのに時間がかかるといったことで悩む必要は無い。
 睡眠も便秘も「それによって苦しいか?」というのが、薬や治療を必要とするかの一つの目安となる。
 思い悩みすぎるほうが、健康に悪い。

 やや高齢のお客様から目薬の棚を尋ねられ売り場を案内すると、商品の説明は断られたのでレジで待っていたところ、『スマイル40ゴールド』を持ってきた。
 しかし効き目と価格には直接的な関係は無いことを伝えたところ、「じゃあ、これいらない」と『スマイル40EX』に変更となった。
 余計なことを言っちゃったかなとも思ったが、目薬の点し方も教えたら、ようやく話を聞いてもらえるようになった。
 目薬は、顔を上に向けたまましばらく時間を置いたり、瞬きをしたり、溢れた分をティッシュに吸わせたりと、間違った使い方をしている人が少なくない。
 目薬を無駄にしないためには、点したら目を閉じて少し下を向き、そのまま1分以上静かにすることで目に行き渡らせるのだ。
 最初に売り場に案内した段階で、商品の説明を受け入れてもらえれば良かったのだけれど。
 お客様には、薬を選ぶさいは最初に相談するよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート