水虫と湿疹は、見た目や痒みだけでは区別がつかない

 若いお客様から虫刺されの薬をと注文され、『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS』とでは成分が違うことや、携帯用の『ポケムヒ』と『プチウナ』なども異なることを説明した。
 『ムヒSクリーム』は刺激性のあるメントールを抜いた『ムヒベビー』を除けば、同シリーズの中では一番弱い痒み止めで、『液体ムヒS』は抗炎症成分のステロイド剤が入っており、2段階ぐらい強めの薬。
 また『ポケムヒ』と『プチウナ』はパッケージが似ているが、痒み止めの成分は共通しているとして、後者の方には弱い局所麻酔が入っている分だけ効き目が良いといえる。
 するとお客様は、家では刺されず外出先で刺されるから持ち歩きやすいサイズをと希望されたので、『プチウナ』を勧めて、お買い上げいただいた。
 なあ、持ち歩きやすいサイズでステロイド剤入りならば『プチウナコーワα』が便利だろう。
 このように薬の形が変わると中身も変わるというのはありがちだから、分かりにくいような時は今回のように尋ねてもらった方が良い。
 お客様にも、「立ってる者は親でも使え」という言葉があるように、これからも立ってる店員は遠慮無く使って下さいと伝えた。

プチウナコーワα

 やや高齢のお客様から『キンカン』の小容量を求められ、売り場を案内しながら、直接的に痒みを抑える成分は入ってないことをお話しすると興味を持ってもらえた。
 『キンカン』は刺激性のある成分で構成されており、痒いところを叩くと痺れ感で痒みが気にならなくなるのと同じ。
 また、血行が良くなる成分が入っているから、虫刺されよりは肩こりの方が効果があると考えられる。
 そして虫刺されの『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS』の違いを説明したところ、本日は『ムヒSクリーム』を購入された。

ムヒSクリーム

 お客様が大学生の子供から『ムヒ』を頼まれたというため、『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS』でも内容は異なることを説明すると「知らなかった」というので、本人に薬を買う練習させてみてはどうかとお話したところ、「そうですね、そうさせます」とお帰りになった。
 本当にそうしてもらえるか、それとも面倒臭いと思われてしまったか、後者であることを祈るばかり。

 やや高齢のお客様から水虫の薬を求められヒアリングしてみると、患者はご主人で、入院してた時にご病院のスリッパでなったのではないか、とのことだった。
 ならほど、共用のスリッパを裸足で使っていれば、ありえる話ではある。
 ただ、水虫と湿疹は見た目や痒みだけでは区別がつかない。
 水虫に湿疹の薬を使うのなら、原因となってる真菌を倒すことはできないけれど、痒み止めの成分は効くから、大きな問題は無い。
 しかし反対に、湿疹に水虫の薬を使ってしまうと、殺菌成分に刺激性があるので皮膚の再生を邪魔して治りを悪くしたり、より悪化させてしまうことがあり、そちらは問題。
 だからまずは、真菌が患部にいることを確定してから、水虫の薬を使ったほうが良い。
 市販薬は手軽に買えるが、手軽に使える物でもないんである。
 そうお話して受診勧奨したところ、本日はお帰りになった。

ダマリンL

 お客様から水虫の薬を求められ、使うのは初めてというため、湿疹の可能性もあり、真菌がいると確定しない段階で水虫の薬を使うリスクを説明したけれど、話は聞いてもらえず『ダマリングランデパウダースプレー』を購入された。
 スプレータイプは手を薬剤で汚さずに使えて便利だけれど、飛び散って消費が激しいうえ、お値段も高めだから製薬メーカーの研究員さんも勧めていない。
 という話も聞いてもらえなかった。
 患者さんの選択だから、「コレデイイノダ」と納得するしかあるまい。

ダマリングランデパウダースプレー
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート