病院を受診して「市販薬で充分」と肩透かしだったら、それはそれで良いこと。

 子供を連れたお客様が、子供に虫刺されの薬を選ばせていて、子供が『プチウナ』をレジに持ってきたので、お客様に『ポケムヒ』よりも局所麻酔が入っている分だけ痒みを抑える良い選択であることを伝えると、興味を持たれた。
 そして、「アンパンマンじゃないパッチ」をと注文されたので、『ムヒパッチ』と処方が似ている『ヒドランパッチ』を案内したところ一緒に購入された。
 家には『マキロンパッチエース』があるというため、ステロイド剤入りで『ヒドランパッチ』よりも炎症に対しての効果が強いことを説明し、初期に強い薬を使うのは良い判断ですと伝えた。
 私だって、いつもお客様にケチをつけてる訳ではないんである(笑)
 皮膚の炎症や痒みには弱い薬をダラダラと長く使うよりも、早い段階で強い薬を使い症状を落ち着かせるのに従って、薬も弱い物に乗り換えていく「ステップダウン方式」があることをお話しした。

プチウナ

 女性の親子が来店し、『エンクロンUFクリームEX』と『オイラックスA』と『オイラックスDX』の比較について質問され、初期は強い薬を使った方が良いことを伝えたうえで処方の違いを説明した。
 『エンクロンUFクリームEX』は非ステロイド系抗炎症剤に抗ヒスタミン剤を配合した処方で、殺菌成分も入っており、皮膚の材料を運ぶ血流も良くしてくれる。
 『オイラックスA』には弱いステロイド剤が入ってる分だけ炎症への効果が高いと考えれ、『オイラックスDX』には、より強いステロイド剤が配合されている。
 ステロイド剤というと怖がる人もいるが、副作用が危険視されたのは30年以上も前の医学的見地の欠けたスクープ記事が発端のうえ、副作用が現れたとされるケースは20年近く同じ患部に正しい用量を超えて使用していた極端な事例で参考にもならない。
 そもそもステロイドとは副腎皮質ホルモンのことで、体内でも生成されている成分である。
 内服な吸引するステロイド剤の方は、内臓への影響があるため厳格な運用が必要となるが、塗り薬に関しては用法・用量を守っていれば、極端な副作用が現出する確率は低い。
 今回は、成人の娘さんの手のかぶれが主訴で、炎症は弱い様子だったのと『エンクロンUFクリームEX』が値引き品だったことから、そちらをお買い上げいただいた。
 もし痒みだけだったら虫刺されの薬でも対応できることをお話したが、専門家の意見を聞くために一度は病院を受診してみることも勧めた。
 市販薬で充分と帰されて肩透かしだったら、それはそれで良いこと。
 安心して、市販薬での対処に専念できるというもの。

エンクロンUFクリームEX
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート