レジが混むとヒアリングできないので、薬を選ぶ前にひと声かけて下さいな

 お客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師のいないうちのお店には置いていないため、化学構造式の似ているイブプロフェン製剤での対応を提案したところ、坐骨神経痛に病院から『カロナール』と一緒に処方されて、『カロナール』単独で効かなかったため『ロキソニン』を使い、その『ロキソニン』を使い切ったとのお話だった。
 そこで、『カロナール』の主成分であるアセトアミノフェンと、イブプロフェンを合わせた『バファリンルナi』を案内したところ購入された。
 それから『疎経活血湯』を紹介して、保険の適用薬でもあるため病院で相談してみるよう勧めた。

 お客様が『ストナジェルサイナス』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻炎と喉の痛みで、咳はそれほどではないというため、鼻炎薬と『ペラックT』の併用を提案した。
 もしくは、『パブロン鼻炎カプセルSα』などの効能には「のどの痛み」とあるから、唾を飲むのも痛いというのでなければ、単体でも行けるだろう。
 総合風邪薬の多くには咳止めが入っていて、咳止め成分は体に負担のかかる物でもあることを説明し、咳止め成分の入っていない『パイロンPL顆粒』を案内すると変更となった。
 そして鼻も喉も胃に繋がっていて関係が深いため、症状のある間は消化に良い食事をするよう勧めた。
 胃を悪くすると鼻に症状が現れやすく、胃炎を喉の痛みとして感じて風邪と勘違いするというのは、よくあるし。
 今回はレジが混んできてしまい、お客様にしばらくお待ちいただくことになってしまった。
 こういうこともあるので、レジに並ぶ前に相談してもらうのが一番良いのだけれど。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート