いかにも効きそうな名前の商品に注意

 夫婦のお客様が『パブロンゴールドA』をレジに持ってきたさいに、喉の痛みには弱いことを伝えたところ、むしろ主訴は喉の痛みだけで咳は無いというため、風邪薬は不要なことを説明したうえで、総合風邪薬の中からならと『パブロンメディカルT』と『ルルアタックEX』を紹介したところ、やはりパブロンブランドを希望されたため、解熱鎮痛成分のイブプロフェンが濃い『パブロンエースPro』をお買い上げいただく事になった。
 ただ、家には『ロキソニン』があるというので、先に使ってみてはと提案すると「アスピリンの匂いが嫌」と言われてしまった。
 ロキソニンでアスピリンの匂い(・_・?
 ちょっと何を言ってるのか分からない。
 お客様には、患部を刺激しないために、口の中で崩れやすい食事をするよう勧めた。

パブロンエースPro

 高齢のお客様から手のシミの相談を受けたのだが、治すのではなく隠したいというため、『コンシーラUV』などの化粧品を案内した。
 日当たりの良い場所で仕事しているそうで、『ニベア』を塗ると目立たなくなると言っていたけれど、それは白く濁って見えるからかもしれない。
 シミを薄くするためにも、専門家の話を聞くのは大事なことなので、病院を受診をするよう勧めた。
 そしたら他の無資格の従業員が、お客様に横から『ケシミン』を勧めて困ってしまった。
 いかにもシミを消せそうなネーミングだが、あくまでシミを予防する物でしかない。
 しかも、それすら怪しいんである。

ニベア
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート