友達は選ばないと命取り?本人が気をつけないといけません

 久しぶりにお会いした常連のお客様も、店にはいらしていたそう。

 私の勤務時間と、合わなかったということか。

 その間に風邪で三日ほど寝込み、水分しか摂れなかったのが病院に行って回復したそうで、処方された薬を飲んでいる間は風邪のせいなのか副作用なのか、眠気を催して1日に4時間しか起きていられなかったという。

 お酒も飲めなかったというから、「それだけは良かったですね」と言うと、「ハッハッハッ」とお笑いに。

 何しろ以前に心筋梗塞を患って心臓の薬を服用してるのに、「酒くらい大丈夫」と友人にそそのかされて飲酒し、倒れられたことがあるので心配なのだ。


 お客様が『サロンパス』をレジに持ってきたさいに、薬としては弱めであることを伝えると肩の痛みの相談をされたので、成分によって鎮痛効果と浸透力が違うことを説明し、痛み止めとしては中程度のフェルビナク製剤を提案した。

 しかし痛みはそれほどでもないというため『サロンパス』と基本的な処方は同じで、でも弱い局所麻酔が加わっている『トクホンチールOX』を紹介すると、そちらをお買い上げ頂いた。

 寝ながらのスマホが思い当たるようだから、やはり体を起こして使うよう勧めた。

 それから、外用薬も血液中に入っていく成分があるので、他のお店でも薬を買うときにはまず相談をするようお話しした。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket