病院で処方されてる薬を覚えていない問題と、治療中の病気を後出しで教えられる問題

 お客様が『ナザールスプレー(ポンプ)』と『メンターム』を購入されるさいにヒアリングすると、成人の息子さんが鼻水と鼻づまりを行ったり来たりしていて、『ヴィックスヴェポラップ』を使ったものの効かなかったとのことだった。

 また、病院で処方された薬があるというのだけれど、内容は覚えていないというので、本来は点鼻薬や外用薬も内服薬との併用に気をつけなければならないことをお話ししたうえで、お薬手帳を持ち歩くようお願いした。

 それから、鼻の症状というのは胃の不具合とも関係することが多いので食事に気をつけるようお話ししたところ、ガツガツ食べるタイプではないというので、「それはちょうど良いです」とお話しした。

 また、入浴はしてるというから、それは是非続けるようにと伝えた。

 鼻水の原因は内臓の冷えが、鼻づまりの原因は熱が上半身に偏っていると考えられ、入浴して下半身を温めるとともに熱を循環させると症状の改善を期待できる。


 高齢のお客様が腰痛とのことで、『ボルタレン』のテープ剤と液剤を購入されたけれど、お会計をしてから糖尿病の治療中で、処方されている薬が不明なうえ、担当医に腰痛のことは相談していないと分かって、心の中で悲鳴を上げてしまった。

 ギャッΣ(゚Д゚)!!

 お客様には、お薬手帳を持ち歩くようお願いし、困ってることがあれば科目が違っても医師に相談するよう勧めた。

 ジクロフェナクナトリウムが、ただちに服用している薬や持病と問題になる訳ではないけれど、重大な病気を抱えているのにも関わらず、無警戒に自己判断で市販薬を買われるようだと、いずれ事故を起こす可能性が高まってしまう。

 だから意識してもらうために、こうやって声をかけるんである。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.