薬の飲み合わせは、分かりやすい不具合が起こるとは限らない

 お客様が『ボルタレン』のパップ剤を購入されるさいに使用経験を尋ねると、初めてなうえ何か病院で内服薬が処方されているとのことだった。

 現物を持っていたため調べてみたところ抗ヒスタミン薬と分かり、『ボルタレン』を使ったことを担当医に報告するようお話しした。

 また、『Q&Pi』も購入されるので、同じく担当医に報告するよう念を押した。

 実のところそんなに心配するほどではないのだけれど、なにしろ病院で処方された薬があることを相談せずに市販薬を買っているようだと、いずれ事故を起こしかねない。

 そして薬の飲み合わせは分かりやすい不具合だけではなく、例えば病院で検査を受けたさいに、本当は疾患があるのに数値上は良い結果を出してしまい、病状の悪化を見逃してしまうというケースもあるから、医師に報告するというのを習慣にしてもらいたいんである。


 お客様から『ウオノメコロリ』を求められ、同じ使うのであれば絆創膏タイプより液剤の方が皮膚を柔らかくする成分が足されているので勧めたところ、お買い上げいただいた。

 ただ、すでに日数が経っているというため、表皮が剥がれて新しい皮膚が下からでき入れ替わるのにも、かなりの期間が必要なことを伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.