咳止めの薬は、使うことでの体への負担よりも、咳をすることの負担の方が大きいときが使いどころ

 お客様が栄養ドリンクを見較べていて、『新グロモントEX』を購入されるのでヒアリングしてみると、いつもは『リポビタンD』を飲んでいるというため価格帯の近い物として、人参が加わっている『キューピーコーワαドリンク』を紹介したところ、成人の息子さんの分もとのことで一緒にお買い上げいただいた。

 ただ、息子さんはいつも『モンスターエナジー』を飲んでいるというので、栄養ドリンクの方はノンカフェインにしてみてはとお話すると、追加で『リポビタンフィール』を購入された。

 あー、駄目だこれは。

 案内した物を次々と買われてしまうパターン。

 これ以上はやめておこう。


 お客様が『新トニン液』と『アネトンせき止め液』を見較べていたので声をかけてみたところ、咳はそれほどではなく、主訴は喉のイガイガというので、どちらも合わないことをお話すると、以前に『新トニン液』が効いたという。

 確かに効いたと感じるかもしれないが、それは覚醒剤成分と麻薬成分による錯覚かもしれないことを説明し、咳が無いのに使うのは小枝を払うのに鉈を振るうようなものとお話しして、体への負担を掛けないようにするために、『ストナ去たんカプセル』を提案するとともに、肌荒れに使う『ハイチオールCホワイティア』も、喉のイガイガに対処できることを伝えると、『ストナ去たんカプセル』を購入された。

 まぁ、あくまで『ハイチオールCホワイティア』が使えるというのは、肌の修復成分の応用だからね。

 お客様は仕事が休めないから効果的な薬をと考えたそうだが、そうであればなおさら体に負担の少ない薬を選んだ方が良いことをお話しした。

 多くの咳止め成分は、「今さえ乗り切れば後は倒れるだけ」という切羽詰まった状況に使うのに適していて、体への負担は少なくないので。

 つまり咳止めは、薬を使うことでの体への負担よりも、咳をすることの負担の方が大きいときが使いどころとなる。



 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.