市販薬は用法が決まっているので、使用の判断に迷うことも。

 お客様から、犬が食事をせず水しか飲まないとの相談を受けた。

 ええと……、私は人間相手の登録販売者なんですが(汗)

 動物病院には連れて行き点滴をしているというため、麦茶に少し砂糖を混ぜて飲ませるか、ベビー飲料を提案したところ『イオン飲料ミネラルアクア』を購入された。

 ううむ、良かったのかしらん。

 動物のことは、腎臓の弱い猫に『猪苓湯』が使えるという事くらいしか知らにゃい(=^・・^=)


 子供を連れたお客様から、ドリンク剤の医薬品と医薬指定部外品との違いを尋ねられ、期待できる効果は医薬品の方があると考えられることを説明してヒアリングしたところ、鼻の中に口内炎ができたとのことだった。

 はい?

 鼻の中に口内炎?

 オデキとか副鼻腔炎じゃなくて?

 以前は普通に口の中にできていたとのことで、口内炎と同じとすればステロイド剤も使えないことは無いのだけれど、塗り薬の用法に鼻の中とは書いていないし、ステロイド剤の点鼻薬を今回のケースに使って良いものかどうか迷う。

 医師の監督下でなら、薬の応用的な使い方というのもありますが。

 内服薬として『チョコラBB』などが家にあるか尋ねると持っていないとのことで、ドリンク剤の『チョコラ BBローヤル2』を購入された。

 『チョコラ BBローヤル2』は医薬指定部外品だから、医薬品の錠剤の方を勧めたのだけれど。

 それに、ドリンク剤は一回分でしかないことを考えると、だいぶお高いし。

 お客様には鼻の症状は、口とつながっているうえ、そのまま胃も関係するため、消化に良い食事をするよう伝えた。


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket