いかにもシミが消えそうな名前のアレはシミ消し目的には使えません

 お客様から『ウコンの力』の場所を尋ねられたので食品売り場を案内したうえで、ウコンが飲酒に良いというエビデンスは存在しないことを伝えた。
 医薬品にウコンが入っていることもあるけれど、ウコン自体の効能というのは認められておらず、いわば害が無いから入っているだけである。
 ただし、ウコンを摂りすぎると脂肪肝になるという報告はあるから、やはり身体に何らかの影響はあるのであろう。
 今のところは、研究が進むのを待つばかり。
 二日酔い対策であれば『ハイチオールCプラス』や、『五苓散』の方がオススメだし、効能に肝臓疾患と明記されている『ネオレバルミン』の方が良い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 先日に、疲労に『アリナミンEXプラス』が効かないと相談され、『新ヒストミンゴールド液プラス』を購入されたお客様が、商品名の「メモをしたい」と再訪された。
 飲んでみた感じとしては「効いた気がする」とのことだった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が、シミに探してるクリームがあるとのことだったが名前が分からないうえ、医薬品か化粧品かも不明というため手がかりが無い。
 一応は化粧品コーナーに『ケシミン』という商品があり、いかにもシミが消えそうな名前でテレビCMも誤解を招く作りになっているが、よくよくパッケージを見てみると、あくまで予防だったりするので、レジに持ってきたお客様にシミ消し目的には使えないことを伝えると、キャンセルになることが多い。
 今回のお客様には、シミ消しは医師の指導のもとで行なった方が良いと勧めた。
 飲み薬であれば、『ハイチオールCプラス』なんかも候補になるのだけれど。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート