喉の痛みには鎮痛剤が使えるので、いきなり風邪薬に飛びつかないようご注意下さい

 お客様から風邪薬を求められ、「コンタックが効いた」とのことだったけど、どの『コンタック』かは覚えてなかった。
 ブランド名の後に数字や記号などが付くと、処方内容が縁もゆかりも無いということもあるので、外箱や添付文書を取っておくか、写真とかで録しておいて下さいませ。
 お客様の主訴は、喉の痛みだけというため『ペラックT』を提案すると効かなかったというが、まだ一回分は残っているということから、成分違いの『パブロントローチAZ』を紹介したうえで、『イブ』や『バファリンA』との併用を提案すると、家に『ノーシンピュア』があると分かり、単独で良いので先に使ってみるよう勧めた。
 すると、『パブロントローチAZ』と『ペラックT』を一緒に購入された。
 あれ?
 どういう判断になったんだろう(^_^;)
 ともかく、喉の痛みだけで風邪薬を使う人が多いが、市販の風邪薬で咳止めが入っていないのは『PL顆粒』くらいで、どの風邪薬のを選んでも必ず咳止めが入っていると考えて差し支えない。
 それはつまり、咳が無ければ風邪薬を使うのではなく、喉の痛みとか鼻炎とか症状別にターゲットを絞った方が体への負担は少ない。
 今回の場合は、家に『ノーシンピュア』があるということであれば、それを使ってもらえれば良かったのだけど、鎮痛剤のパッケージに「・生理痛・発熱」と書いてあるせいか、効能書きに咽頭痛も書いてあることに気がつかない人が多い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『セナキュア』を求められたけれど、主訴は首の後ろの痒みで、痒みが強いというため『メンソレータムAD』を勧めて、お買い上げいただいた。
 また、足のイボについても相談され、かなり以前からというため、芯がある場合のウオノメとの違いを説明したうえで受診勧奨した。
 皮膚疾患というのは気が付いてから治療を開始するまでの3倍以上の期間が治るのに必要とも云われているので、まずは専門家の意見を聞いておいた方が良い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 子供を連れたお客様から、目薬の価格と効き目について尋ねられたので、直接は関係しないことを説明したところ、お帰りになった。
 目薬に使って良い成分は厳格に決められているため、新しく発見された効果的な成分というものは無く、既存の成分の濃度を変えたり組み合わせを変更しているに過ぎないため、価格よりも起きている症状に対して、成分と濃度を検討した方が良い。
 お客様の連れていた子供が湿った咳をしていたので、内臓が冷えている可能性をお話して、お腹周りを温めるよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 子供を連れたお客様から、モイストヒーリングの絆創膏を傷口のサイズに合わせて自分で切って良いか質問されたので、勧められませんとお答えした。
 いわゆる湿潤療法は、患部に薬をつけずに自然治癒をするまで保護をしておくのが目的なので、ハサミで切ったりして汚染させてしまってはマズイ。
 今回の場合は子供の額の擦り傷に使うつもりとのことだったが、すでに4日経っているというため、怪我をした直後に使うモイストヒーリングの絆創膏は不要と思われることをお話して、前髪を上げ、『ワセリン』を塗る方法を提案した。
 患部が気になって手で触ってしまうと、傷口が治ろうとするのを邪魔してしまうので。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート