同じ効能でも成分によって効き方が違います

 お客様が『トラフルダイレクト』を購入されるさいに、強い薬で良いのか尋ねると「はい!」という返事だったが、患部の再生を補助する薬もあることを伝えると「えっ? 違うの?」と驚かれたので、成分の違いにより効果が異なることを説明した。

 具体的には、抗炎症作用の強いステロイド剤を主成分にした物と、炎症を鎮めつつ粘膜の再生を促す主成分の物とがあり、初期や痛みが強い場合には前者を、痛みが弱いか日数が経っていれば後者を選択することになる。

 それを知らずに、さっきの「はい!」という力強い返事は何だったのか(^_^;)

 まぁ、店員になにか尋ねられて、何も考えずに返事をしてしまうのは私もやっちゃう訳ですが。

 ステロイド剤は長期連用しないことと、症状が軽くなったら薬をやめるか患部の再生を促進させる薬に乗り換えるようにと伝えた。

 また口内炎は、胃の不具合が原因であることも多く、口に現れる症状は胃でも起きていると考えるようにとお話した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XKPGHFP?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B06XKPGHFP

 以前に成人の息子さんの肌の痒みのことで来店され、その時には病院に行くとのお話だったが、行けなかったという。

 自分のメモを確認すると、家に『フルコートf』があるというため先に使ってみるよう勧めて、お帰りいただいたのだった。

 今回は、前回に紹介していた『ムヒAZ錠』を購入された。

 比較的眠くなりにくい事は伝えてはいたけれど、改めて成分を本人に調べさせてみるよう勧めた。

 薬は効くと思って飲んだ方が効くので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00U283LF6?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00U283LF6

 お客様が風邪薬の棚の前で迷ってる様子だったので声をかけてみたけれど、案内は断られた。

 しかし『パブロンゴールドA』をレジに持ってきてからヒアリングすると、主訴は鼻炎と頭痛で咳は無いとのこと。

 麻薬系の咳止め成分は体がだるくなる可能性を説明すると、仕事で疲れるのは困るというため、家に鎮痛剤があるか尋ねたところ以前に処方された薬があるというので鼻炎薬との併用を提案した。

 処方薬の内容は不明だったが、一般に問題無いと考えられる『アルガードクイックチュアブル』を勧めて、お買い上げいただいた。

 処方薬の鎮痛剤は単味剤のはずで、これが市販薬だとカフェインが入ってるかどうか、成分が複数でないかなど、判断が難しくなる。

 昼は鼻水で朝に鼻づまりと頭痛とのお話から、昼に何か内臓が冷えることがあり、布団に入ると温まって症状が変わると考えられるので、昼間に体を保温する工夫をするようお話した。

 具体的には、温かい物を積極的に飲んだり下半身に厚着をするのが良い。

 また、今回のように処方された鎮痛剤が使えるかの判断のためには、本来はお薬手帳が必要なので、持ち歩くようにお願いした。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B018VO38WS?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B018VO38WS

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!