クシャミによる体力の消耗に注意

 お客様から、うがい薬を求められ『イソジン』を案内したものの、現に喉が痛む場合は避けるようお話したところ、「口内炎も?」と尋ねられ、なおさら駄目ですと答えた。
 ウイルスが原因の口内炎には期待できるかもしれないが、『イソジン』は刺激物だから炎症している患部には避けた方が良い。
 喉の痛みと口内炎に兼用できる物として、『マードレトローチ』と『パブロントローチAZ』を紹介すると、前者を購入された。

 お客様から風邪か分からないと相談され、主訴は鼻水とクシャミで、鼻水は透明とのことから内臓の冷えかアレルギー性鼻炎の可能性をお話した。
 するとどうやら、会社のエアコンの影響も考えられそうだった。
 エアコンが掃除されていないと、カビなどが浮遊し、アレルギー性鼻炎を発症することがある。
 そして眠気もあるというので、それはクシャミによる疲労の可能性とお話して、『小青竜湯』を使っていただくことになった。
 クシャミは案外と体力を消耗するので、ちゃんと対処しないと疲労して風邪に進行してしまうことがある。
 お客様が、漢方薬だから安心というようなことを言われたので、漢方薬も薬であるからには気をつけなければならないことを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート