薬の頼まれものは情報不足で困る

 中学生の子供を連れたお客様が『アトキュア』などを見ていたため気にかけていたところ、子供の方は『ペアアクネクリームW』

を母親に預けて、どこかへ行ってしまった。

 仕方がないので、お会計するさいに母親にニキビの状態を確認するとともに、『ペアアクネクリームW』は大人ニキビ向けであることを説明し、『クレアラシル』に変更となった。

 成長期に細胞が均一に増えないことで起こるニキビと、大人になってからバリア機能の低下と不摂生なんかでなるニキビとでは対処も異なるのだ。

 成長期のニキビは、まず炎症を抑えるのを優先する。

 本人を呼び戻してもらうと額にニキビがあり、病院で処方された塗り薬が効かなかったというのだけれど、お薬手帳も現物も持参しておらず内容は分からなかった。

 皮膚の薬には抗生剤と抗炎症剤と皮膚再生の促進剤と種類があり、どの薬を使っていたかというのは重要な情報であることと、ニキビの治療には長期的な対応が必要なことを説明した。

 すでに3年ほど続いているそうだから気持ちは分かるけれど、思春期のニキビは体が正常に成長している証拠でもあるので、二十歳になるまでに綺麗になればと思って地道に治療するようお話した。

 また、前髪が額にかかっているため、体の方は敵と誤認して攻撃してしまうことも炎症の原因として考えられるので、前髪を切るか上げるよう勧めた。

 これもまた、隠したくなる気持ちは年頃だから分かるのだけれど。

 そして入浴せずにシャワー派だというため、不要物の回収と皮膚の材料の配布に血流が大きく関わることを説明し、入浴の大切さをお話した。

 自分の体のことだから、もっと関心を持って親に頼らず、専門家に相談する練習もしてもらいたいところ。

 お客様がご主人から『ノーシン』を頼まれたとのことで来店し『ノーシン錠』を案内したのだけれどパッケージが違うとのお話で、リニューアルの可能性と同ブランドの別物かもと説明したが、成分を覚えていないため特定できなかった。

 しかし用途を確認したところ、飲酒による頭痛だと言うので、原因は脱水症状であることを説明し『アルピタン』(五苓散)を紹介すると購入された。

 お客様には、もしご主人が気に入らなければ未開封のままなら返品に応じますと伝えた。

 頼まれ物は情報不足なことが多いから、対応に困ってしまう。

 一方、スマホで写真を撮ってきておいてもらえると特定には助かるものの、同じ物が無い場合に同成分の他のブランドでも良いのか、あるいは症状に合わせて他の成分でも良いのかという、依頼者自身の情報が足りないから、どのみち困ったりする。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket