薬を選ぶのも使うかを決めるのも最終的には患者さんの判断だけれど

 やや高齢のお客様から、当初は『求心』を求められたので売り場を案内したけれど、探している錠数の物が無いとのことだった。

 ただ、動悸は心臓以外の機能の低下も関係することをお話して『牛車腎気丸』を紹介すると、腰痛もあるとのことでお買い上げいただいた。

 お客様からウオノメの相談を受け、ウオノメに気付いたのは1ヶ月前くらいとのことだった。

 うーん、1ヶ月も経っちゃってると治るのはその三倍くらいの期間はかかるよなぁ。

 『ウオノメコロリ』と『イボコロリ』の主成分は同じで、いわば皮膚をわざと腐らせて新陳代謝を促すのが目的なことと、液剤の『ウオノメコロリ』には乳酸を加えて表皮を早く剥離させる作用があることを説明した。

 そしてウオノメはイボと違い芯があるので完治には日数を要することをお話して液剤タイプを勧めたけれど、本日は『ウオノメコロリ』のテープタイプをお買い上げいただき、入浴はしているというので新陳代謝のためにも続けるよう伝えた。

 お客様から目尻の痒みと肌荒れを相談され、病院で何か目薬を処方されたようなのだけれど内容は分からず。

 そのうえ普段から目薬を使ったことが無く、患部が目そのものではないため使用していないという。

 お薬手帳を持っていなくて、処方された薬も使っていないというのは、どうにも困る。

 さらに、他の店で『キュアレアa』を自分で選び購入したものの、説明書には目の近くに塗らないように書いてあり、やはり使っていないそうだ。

 いや、その判断は正しいんだけど、じゃあどうして処方された薬の方を使わないのかと(^_^;)

 ああ、目薬を使ったことが無いからだっけ……。

 目元の痒みに抗炎症剤の入った目薬を塗る方法があることを説明し、まずは処方された目薬を使うよう勧め、本日はお帰りになった。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!