一介のドラッグストアーの店員では難しいコトばかり

 お客様から『リココデ』を求められたが、詳しく訊くと『小児用リココデS』を欲しいというのが分かった。
「飲むと一発で治る」と言われたが、『ムヒのこどもかぜシロップSアルファ』にジヒドロコデインリン酸塩を加えた物であることを説明した。
 咳がそれほど酷くなければこれで十分なはずである。
 しかし使うのはご主人で、喉の痛みと微熱があり、もう1週間は続いてるとのこと。
 そしてその間には『コルゲンIB透明カプセルα』と『新ルルAゴールドDX』も使ってたというため、内臓がダメージを受けて症状が長引いてる可能性をお話して『柴胡桂枝湯』を紹介したうえで『ペラックT』など個別の症状に対応させて体力の消耗を防ぐよう提案した。
 すると、今回は病院に行かせてみるとのことでお帰りになった。
 発熱が長引いているようなら、病院を受診するのは良い選択。
 ご主人には、あまりあれもこれもと薬を乗り換えないようにお伝え下さいとお話しした。
 だいたい、既に服用している二つの薬と比べたら『小児用リココデS』は、当然ながらもっと弱くしたような処方だし。

 やや高齢のお客様が来店し、「よく効く風邪薬は?」と訊かれたが目立った主訴は無く、だるさと熱が少しある気がするだけで測っていないという。
 だるさを主訴として『ゼナジンジャー』を案内し『柴胡桂枝湯』も紹介しようとしたところ、『ゼナジンジャー』の購入を即決して「そんなもんは、もういいんだ!」と怒鳴られた。
 体を休めるという場合には内臓も含めて休めた方がいいため消化の良い食事をとお話すると「そうなの?」と訊いてきたため、うどんを勧めると「糖尿だから炭水化物はダメなんだ!」と、これまた怒鳴られて帰られた。
 ううむ、あの怒りっぽさも糖尿病の影響かな……。
 糖尿病は感情の抑制がきかなくなり、そのせいで継続的な治療を真面目にすることができなくなるケースがあるため、 一人暮らしだったりすると悪化させやすい。
 だから家族や周囲の人のサポートが必要になるのだけれど、一介のドラッグストアーの店員ではなかなか難しい。
 せめて今回だけではなく、この後もいらして話し相手になれると良いのだけれど。
 ううむ、最初に白糖の入っている『ゼナジンジャー』を案内したのは失敗だった。
 糖尿病であるのならば、むしろ『柴胡桂枝湯』の方が向いていたのに(´・ω・`)

以下の記事も読まれています。

 

2 Comments

  • 会話する順番も大事なんですねf(^_^;

     

  • 北村俊純

    しかも、結果を先に言ってから説明されるのが良い人と、順序立てて説明した方が良い人もいたりして、それを初見で見極めるのが難しいです(^_^;)

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!