生活スタイルは多様化しました

 口唇ヘルペスの相談でお客様が来店。
 しかし、以前に病院で診断されて以来、通院はしていないという。
 うーん、薬の内容は覚えていないと言うし、ヘルペスという確証は無いしでは、薬を案内するのは躊躇う。
 まぁ、OTC(市販薬)で重大な副作用というのは起きる確率は低いけれど、逆に適応しなくて効かなかったら、お金が勿体ない。
 売るだけなら簡単なんだけど、貧乏性なんですよ(;´Д`)
 改めて病院に行ってみる事を勧めた。
 それと、唇の症状は胃を悪くすると現れやすいので、胃の自覚症状が無くても消化の良い食事に切り替えるように、お話した。
 『龍角散』を買いに来たお客様、同じ『龍角散』でも以前に効果があったというタイプの飴が置いていないため、購入せず。
 細長い包装だったというのだけれど、不勉強で思い出せず。
 そういうの、あったかしらん(^_^;)
 主訴は、喉の痛みと乾燥感だそうなので『麦門冬湯』を案内しようと思ったのだが、一方的にお話されるものの、こちらの話は一切聞いてもらえず、駄目だった。
 聞き出す技術って難しいけど、それに輪をかけて話を聞いてもらう技術は難しい。
 ただ、90代の父親が鼻炎と喘息に『』を病院から処方されていて、服用後に暑がるというので、それは体を温める『』の特徴であるため、一回の量を減らすか、一日の服用回数を減らすようにアドバイスした。
 きっと、お客様が話し疲れたタイミングだったんだろう(苦笑)
  『』を持ってレジにいらしたお客様に、症状を尋ねと、少し鼻か出てきて、体がだるいという話から、まだ適応時期の範囲と判断して、そのまま販売した。
 今後、熱が出てきたら『麻黄湯』に、熱か下がるか食欲が落ちたら、回復期に『』をと勧めた。
 今日は、お昼過ぎまでの勤務だったので、次郎に小学校を早退させて奥さんとも合流し、『名探偵コナン ~異次元の狙撃手~』の映画を観に行った。
 こうでもしないと、家族で一緒に出かける機会が無いから。
 今日は映画の日で、安くなるしね。
 子供に学校を休ませて遊びに出かけるのを非難する声もあるけど、そういう人たちは休日に娯楽施設が営業していて、公共の交通機関を利用できて、飲食店で食事ができる事を不思議に思わないのかね。
 自分が子供の頃には、そんな事はしなかったという人は、ネットの利用もやめれば良いのにと思う。
 子供の頃には、無かったんだから( ̄^ ̄)
 ……でも、映画の方は微妙だった(笑)
 映画で先行して「アノ人」の正体が分かったのは収穫だけど、単体の映画で考えたら「誰だよオマエ」って余計な登場人物に思える。
 それに、子供たちを保護するべき立場の大人たちが、揃って自分の職務を果たさないのは、どうにもカッコ悪い。
 大人たちが最善を尽くしても犯人の方が一枚上手で、さらにその上を行くコナンが解決してこそ、フィクションとしての爽快感になろうというもの。
 そうでないと、コナンの超人的な活躍が、本当にただ「主人公だから」の一言で片付いてしまい、面白みに欠けてしまう。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート