当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
………月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み

適応症状

 疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の症状:

 月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み

用方・容量(顆粒製品の場合)

 1日3回、成人1回1包(3.5g)を食前にお湯または水で服用してください。

 ただし、15歳未満7歳以上は2/3包、7歳未満4歳以上は1/2包、4歳未満2歳以上は1/3包。

組成(顆粒製品の場合)

 3包(7.5g)中、次の成分を含みます。

  シャクヤク(芍薬) 5.0g   ケイヒ(桂皮) 4.0g

  タイソウ(大棗) 4.0g    トウキ(当帰) 4.0g

  カンゾウ(甘草) 2.0g    ショウキョウ(生姜) 1.0g

 以上の割合に混合した生薬より得たエキス3.75g含有します。

類似処方鑑別

当帰芍薬散 比較的体力の低下した人で、冷え症、貧血傾向があり、性周期に伴って軽度の浮腫、腹痛などを呈する場合に用いる。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯 本方の使用目標と似ているが、冷えの程度および下腹部の抵抗・圧痛が一層顕著な場合に用いる。

小建中湯 体質虚弱な人で、腹部所見、症状ともに本方に似ているが、動悸、頻尿または多尿、手足のほてり、小児では鼻出血を訴える場合に用いる。

大建中湯 体力が低下した人で、腹部が冷えて痛み、鼓腸や腹部膨満、時として腸の蠕動不定の認められるものに用いる。

使用上の注意

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください

 (1)本剤を服用後、症状の改善が認められない場合は、他の漢方薬を考慮する事。

 (2)甘草を含有する漢方薬を長期服用する場合は、血清カリウム値や血圧の測定などを充分に行い、異常が認められた場合は、服用を中止する事。

 (3)複数の漢方薬を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する事。(特に甘草を含有する漢方薬の併用には、より注意を必要とする。)



2.副作用

 (1)電解質代謝:長期連用により低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重の増加等の偽アルドステロン症が現れる事があるので、観察を充分に行い、異常が認められた場合には投与を中止する事。また、低カリウム血症の結果としてミオパチーが現れる事がある。

 (2)食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等の胃腸障害を起こすことがある。

 (3)発疹、掻痒等の過敏症状があらわれることがある。



3.保管及び取扱い上の注意

 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。

 (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。

 (3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。



4.その他

 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!