10月 16, 2014 - 漢方薬処方, た行処方    2 Comments

地竜(ぢりゅう)
………解熱、気管支の痙攣鎮静、気管支喘息、頭痛、関節痛、高血圧、動脈硬化

適応症状

 解熱、気管支の痙攣鎮静、気管支喘息、頭痛、関節痛、高血圧、動脈硬化

用方・容量(顆粒製品の場合)

 1日3回、成人1回1包(1g)を食前にお湯または水で服用してください。

 ただし、15歳未満11歳以上は2/3包、11歳未満8歳以上は1/2包、8歳未満5歳以上は1/3包、4歳未満2歳以上は1/4包。3歳未満は服用しないこと。

組成(顆粒製品の場合)

 3包(3g)中、次の成分を含みます。

  地竜(ミミズ)エキス散-N……1.5g  添加物として、バレイショデンプン、CMC、ヒドロキシプロピルセルロース、ケイヒ油、D-マンニトール、デキストリン、乳糖を含有。

使用上の注意

1.次の場合には医師または薬剤師に相談してください  (1)医師の診察を受けている人。

 (2)妊娠、または妊娠していると思われる人。



2.服用に際して、次のことに注意してください  (1)定められた用法、用量を厳守してください。

 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

 (3)本剤は、2歳未満の乳幼児に服用させないでください。



3.服用中または服用後は、次のことに注意してください

 (1)本剤の服用により、発疹・発赤、かゆみ、悪心、食欲不振、胃部不快感等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 

 (2)本剤を服用することにより、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等の症状があらわれた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

 (3)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、数回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

 (4)長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。



4. 保管及び取扱い上の注意 (1)小児の手のとどかない所に保管してください。

(2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。

(3)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。



5. その他

 本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により多少色調等が異なることがありますが効能・効果には変わりありません。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

2 Comments

  • アロマテラピーをするときの注意点

    アロマオイルを使用するにあたって、いくつかの注意点があります。正しく安全に、かつ有効に使用するためにもしっかりポイントをつかみましょう。様々なアロマオイルを使う方法が…

     

  • 注意したい疾患「インフルエンザ脳症」

    小児疾患についての話題です。小児が突然意識障害を起こしたり、痙攣をしたりする疾患に脳炎や脳症が・・・

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!