お客様や患者さんの薬の使用目的が適切か、お話の中から推理するのが難しい

 お客様が『キズニコ』をレジに持ってきたので、もしかして『マキロンS』を探していたのではと尋ねたところ、そうだというため似た商品の『デシンA』とも比較して違いを説明した。
 消毒成分が入ってるのは共通として、『キズニコ』は消毒のみ、『マキロンS』には皮膚の修復成分が足してあり、『デシンA』は弱い局所麻酔が足してある。
 使い分けるとすれば、小さい子供は傷の疼きを抑えるためや、ピアス穴を消毒するのなら修復成分は要らないから『デシンA』を選ぶのが良いかもしれない。
 ただ、現在は水が確保できる環境ならば消毒薬は不要で、傷口を水道水で洗えば充分とされており、消毒することが皮膚の再生を邪魔してしまう。
 お客様に、薬箱に入れておくのなら、傷口の化膿に備えて抗生剤の塗り薬をとお話したところ、子供が足の指をぶつけたのか紫がかっているとのことだった。
 ありゃん、それだと内出血だから、なおさら消毒薬の出番は無い。
 外用消炎剤の方が良いけれど、強めのインドメタシン製剤やフェルビナク製剤は年齢制限があって使えないし、さりとてサリチル酸製剤では弱すぎて意味が無いかも。
 靴が擦れて患部を傷めるかもしれないから、『』などで保護する方法もあると話したところ、家に『ポリベビー』があるというため、ビタミンAも入っていて皮膚の再生には良いので使うよう勧めると、お帰りになった。

created by Rinker
佐藤製薬
¥381 (2022/12/02 20:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

 お客様が、顔のイボにネットで何か薬を見たとのことだったのだけれど、物が何かは分からず、『イボコロリ』などは皮膚を腐らせて新陳代謝を促す薬だから顔には勧められないことと、飲み薬の『ヨクイニン』は老人性のイボに効果はあるものの、使うとなれば長期間の分量が必要なため、病院の受診を勧めたところ、アレルギー性皮膚炎で通院してるとのことだった。
 それならば、まずはその医師に相談したほうが良いですよとお話して、お客様が患部を触りがちなので『』で保護するよう勧めると、家にあるとのことだった。
 実はお客様、以前にも私から花粉症の対策に鼻の穴の入り口に『』を勧められたそうで、家が遠く、たまたま用事があって近くまで来たから立ち寄られたとのことだった。
 ありがとうございます。

created by Rinker
ハトムギ専科
¥1,840 (2022/12/02 21:22:16時点 Amazon調べ-詳細)

 常連のお客様が、テレビで見たとのことで高血圧に『トリプルバリア』について質問を受け調べてみたところ、ただの食物繊維だった。
 血糖値の上昇を抑えたりダイエット目的に飲むことからすると、高血圧にというのは勘違いだろう。
 いずれにせよ、こんな高い物を飲むくらいなら、日々の食事のメニューを工夫して、そちらに予算をかけたほうが美味して生活ができるのではとお話した。
 お客様は自分で血圧を測ったそうだが、上が160というだけで下の値は覚えておらず、病院には行っていないとのことだった。
 サプリメントよりは効果が期待できる『釣藤散』を紹介したうえで、病院の受診を勧め、もし何サプリメントを使ったら医師にも報告するよう伝えた。
 サプリメントを「効果がある」とか「効果が無い」と断じるのは無意味で、「良く分からない」というのが現状。
 ただし効果として、「検査の数値だけ良くしてしまう」可能性があるから、医師に伝えないのは「自分自身」が困ることになる。

以下の記事も読まれています。


 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート