その症状、抑えたほうが良いのか止めないほうが良いのかの判断も必要です

 お客様が『パブロンキッズかぜ錠』を購入されるさいに、症状があれもこれもいっぺんに出ることは少ないから、症状に合わせた薬を使った方が体への負担が少ないとお話したところ、家に『小児用バファリンチュアブル』があるそうなので、喉の痛みや発熱があって咳が無い場合には、そちらを先に使うよう勧めた。
 大人用の総合風邪薬と違って、入っている咳止め成分は去痰作用を合わせ持つ非麻薬性なれど、そもそも咳は異物を外に排出する防御システム。
 咳が激しくなければ、咳を止めるのは必ずしも好ましくないんである。
 お客様から『』はどうか尋ねられ、小学生の子供が鼻水になることが多いそうなので、上半身を温める作用が適応することを答えると一緒に、お買い上げとなった。
 ただし、発熱したらもう使うのには遅いし、体内を乾燥させるので咳が出ているときは避けるよう注意も伝えた。
 また、子供は良く食べるというお話があり、鼻の症状は胃の不具合とも関係するため、食べ過ぎを防ぐためには食事をいっぺんに出さず、お代わりで時間をおくことにより脳が満腹を感じやすくする方法を教えた。
 最後に、本人にヒアリングできるのが良いのですがと伝えると、なんだか濁されてしまった。

 お客様が『パンシロン01プラス』を購入されるさいに、血圧の薬や花粉症の薬などを使っていないか尋ねると、どちらも「大丈夫」とのお返事だったが、影響することをお話すると驚かれた。
 複数の成分が絡み合う総合胃腸薬は、血圧を上昇させたり、他の薬の効き目を落としたりと、その影響を推し量るのが難しいのだ。
 お客様には、たまにしか使っていないと笑顔で応じてもらえたけれど、症状については教えてもらえなかった。
 『パンシロン01プラス』は、消化を助けつつ働きすぎを抑えるために内臓機能を低下させる成分が入っており、それでいて健胃成分が少ないから、服用して少し具合が良くなったからと普通に食事をしてしまうと、すぐまた悪くなってしまうことが考えられる。

 お客様が『ロートビタうるる洗眼薬W』を購入され、洗顔してから使うようにと伝えると驚かれたため、外出先でついた汚れを巻き込んでしまうことを説明した。
 パッケージにも、使用前に目の周囲を洗うように書いてあるのだけれど、読んでいないと思われる人が多い。
 仕方がないので、代わりに読むかのように伝えるしかない。

 お客様から介護用のシャンプーハットを求められたけれど、うちのお店には置いていないため、近くのホームセンターに電話で問い合わせてみるも、そちらも取り扱っていなかった。
 お客様には、ネット通販では7段階でサイズを変更できる物もあることを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート