市販薬はセルフメディケーションに基づいて選ぶものなので、特徴や使い方もご確認あれ

 お客様から、目薬の『ソフトサンティア』と『ソフトサンティアひとみストレッチ』は同じ物か尋ねられ、前者は涙に近い塩水で後者は病院でも処方される疲れ目に適応するビタミンB12製剤であることを説明したところ、後者をお買い上げいただいた。
 目薬を点した後は目を閉じて少し下を向き1分以上待つよう教えたところ驚かれたので、顔を起こしてると目の裏から喉へと流れてしまい、瞬きすると睫毛に持っていかれるてしまいますとお話した。
 人間の体は異物を追い出そうとし、特に目はその能力が高いから、とにかく目薬を閉じ込めることが大事。
 目を閉じている時間も、実際に開発に携わっている研究員さんの話では、1分では少なく、5分は閉じていてもらいたいそうだ。
 お客様には、目元から溢れた分をティッシュで拭き取るとモッタイナイし、ビタミン製剤は皮膚の状態も良くしてくれるから、溢れた分は肌に伸ばすとお得なことをお話したらウケた(´∀`)

 高校生の子供を連れた常連のお客様が目薬を購入されるさいに「レシートいらないです」と言われたけれど、市販薬には【医薬品副作用被害救済制度】というものがあり、申請するにはレシートが必要なので使い終えるまで保管した方が良いことをお話して受け取っていただいた。
 正確には、入院しての治療に限定される話なんだけど、薬を使って事故が起きた場合に購入店での購入証明となるレシートは、やはりあった方が良い。

医薬品副作用被害救済制度

医薬品副作用被害救済制度

 お客様が『新セルベール整胃プレミアム』を手に持って、他の薬と比較し迷ってる様子だったため声をかけたところ、飲み過ぎ食べ過ぎの後の胃のもたれのために以前は『新セルベール整胃』を使っていたというため、処方は同じで成分が濃くなっていることを説明した。
 濃いから効き目が良いと考えられる一方、症状の度合い、体格の大きさなども関係する話だから、濃ければ良いというものでも無い。
 他のお客様がいらしてそのを対応をしている間に『ソルマックサキノミ』を手にされたので、医薬品の『ソルマックプラス』とは別物の清涼飲料水であることを伝えた。
 お会計を中断してしまい、他のお客様には迷惑だったかもしれない。
 そのお客様の対応を終えてから改めてヒアリングすると、飲み会に備えてというお話になったため、『タナベ胃腸薬ウルソ』を紹介して、胃もたれは腸が原因のことがあるのと主成分のウルソデオキシコール酸は、病院で肝臓の治療に用いられることを説明したところ購入を決められ、毎日通して一箱を飲み切るのが効果的と伝えた。
 食べ物は胃で消化されると思っている人は多いが、実際には胃で柔らかくして消化するのは腸の役目。
 だから、腸の機能が低下すると胃から食べ物を送ってこないようストップをかけるのだ。
 そして、腸での消化の要の一つがウルソデオキシコール酸で、消化に使い終わると肝臓へと戻され体内を循環している。
 このウルソデオキシコール酸を、自動車のオイル交換のように新しいのと入れ替えることで消化力を取り戻そうというのが『タナベ胃腸薬ウルソ』だから、具合の悪いときだけ飲むのではなく、1~2週間程度は毎日飲むのが効果的という次第。
 購入を決めてから急に急いでる様子になり、飲み会では刺し身のツマの大根と、揚げ物についてくるキャベツを食べるよう勧めた。
 その理由を説明する間が無かったからここに書くが、大根は消化酵素が多く胃薬として働き、有名な『キャベジンコーワα』はキャベツの成分から開発されたくらいで、やはり胃腸の働きを助けてくれる。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート