目薬をモッタイナイ使い方していませんか? 目の疲れなら目の周囲を温めるのも忘れずに

 お客様が目薬の棚で長考していたので気にかけていたところ『Vロートプレミアム』をレジに持ってきたため、痒みなどを感じるか尋ねてみた。
 炎症は無く主訴は眼精疲労によるかすみ目のようだったので、価格と効果はあまり関係しないことを説明し、パソコンが思い当たるとのことから『ロートデジアイ』と『ピントケアEX』を案内し、後者をお買い上げいただいた。
 価格の高さはあくまで開発費で、デリケートな目に使える成分はガチガチに決まっているから、新しく発見された素晴らしい成分なんか入っていないんである。
 もっとも、特定の成分を認可されているギリギリまでの高濃度にしている製品はあり、それを試してみるというのは財布が許すのであれば試してみても良いだろう。
 また、栄養を運ぶために目の細い血管を開くのが養生法ですと説明して、目の周囲を温める『めぐリズム』を紹介した。

 若いお客様から目の疲れの相談を受け、ソフトコンタクトをしたまま使えて、しみない物をと希望されたので一部の抗炎症成分がソフトレンズに悪影響を及ぼすことを説明したうえで、そういった成分の入っていない『ロートCキューブマイルド』を案内し、お買い上げいただいた。
 目薬の点し方を教え、コンタクトを外した後に目の周囲を温めることを勧めた。
 目薬を行き渡らせるためには、目薬を点したら目を閉じて少し下を向き1分以上はそのままにしておくのが良い。
 行き渡らせようと瞬きをする人がいるけれど、睫毛に薬液が持っていかれてしまうし、顔を起こしたままや上を向いていると目の裏側から鼻へと流れてしまうから、目に閉じ込めるのが大事。
 可能であれば、5分は閉じているのが理想なので、スマホで音楽でも流しながらリラックスタイムにするのも良いだろう。

 お客様が『ロート抗菌目薬 i』を購入されるさいに痒みが無いか尋ねてみると、患者は子供で、目がゴロゴロすると言ってるとのことだった。
 抗炎症に興味を持たれたので『アイサット抗菌目薬』を紹介したけれど、『ロート抗菌目薬 i』のように分包になっておらず、モノモライなどにもしょっちゅうなる訳ではないというため、そのままお買い上げいただいた。
 ただ、目がゴロゴロするだけであれば洗い流せば済むかもしれないので、抗菌目薬でなくても構わないかもしれないことは伝えた。
 他に自身のかすみ目の相談を受け、価格と効果にそれほどの繋がりは無いことを説明したうえで、病院でも処方されることのあるビタミン B12製剤の『ソフトサンティアひとみストレッチ』と、色々と成分の入った『ロートビタ40α』を紹介したところ、後者を一緒にお買い上げいただいた。
 目薬の使い方を教えると、すぐ目を開けちゃうのとのことだった。
 それは、もったいない(・´з`・)

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート