患者本人じゃないから合う薬が分からない、本人が来ても使った薬を覚えていなくて分からない

 やや高齢のお客様から、ご主人の痒みの相談を受け、乾燥性のようなので皮膚に水分を捕らえる『メンタームEXプラス』を案内して購入していただいたのだけれど、尿素は塗り始めにしみることは最初にお話したのに聞いていなかったらしく、お会計時に改めて伝えたら驚かれてしまった。
 もし尿素の刺激を避けるのであれば『メンソレータムAD』に変更することも考えられるが、なにしろ本人が来ていないので決めようがない。
 これだから薬の頼まれ物は困るし、お客様の生返事には気をつけなければ(^_^;)

 お客様から『クロマイP軟膏』と『クロマイN軟膏』の違いを質問され、前者はステロイド剤と抗生剤が入っており、後者は抗生剤と抗真菌薬なことを説明した。
 お客様の主訴は乾燥性の赤味とのことで、患部を掻き崩したりといった傷口は無いというから抗生剤は必要無い。
 傷口がある場合にステロイド剤を使うと、炎症を強力に抑える代わりに患部の免疫機能も抑えてしまい防御力が落ちるから、そういう場合には抗生剤が入ってるほうが良い。
 しかし、お客様は痒みは無く、以前に病院で処方された薬は何だったか覚えていないというため、血流を良くして皮膚を潤して炎症を緩和するヘパリン類似物質を紹介したうえで受診勧奨したところ、お帰りになった。
 処方された薬が分かれば、医師の判断を推測できるし、似た処方の薬を探すことも可能になるから、現物が残っていないのであればお薬手帳を持ってきてもらいたいところ。
 痒みは無いというお話からすれば、『ワセリン』で患部を保護するだけでも事足りると考えられるものの、病院を受診した経緯も分からないから再受診したほうが良いだろう。

 子供を連れたお客様が『トラベロップQQ』を購入されるさいにヒアリングすると、車の予定というため乗る前には温かい物を飲食し、乗ってからは冷たい飲み物を少しずつ飲むのが乗り物酔い対策になることを教えた。
 というのも、軽い食事にしようとしてサンドイッチなど冷たい物を食べると、腸が体温より低い物を受け付けないから、温まるまで胃の上部に貯め込んでしまい、これが吐く原因になってしまう。
 温かいスープなどにすれば、早く腸へと送られて胃が軽くなる。
 一方、冷たい物を飲むと胃の機能が低下し、低下すれば吐こうとする力も弱くなるので、乗ってからは氷が入ってるくらい冷たい飲み物が用意できるのが望ましい。
 家族旅行であれば、コカ・コーラの低カロリーでない普通の物が良い止めに使えることも伝えた。
 本物の砂糖の糖分が脳を楽しい気分にさせるのと、炭酸の刺激が吐き気を誤魔化してくれるのだ。
 ペプシ・コーラじゃないのは、コカ・コーラのph値が胃酸に近いとされているから。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート