喉が痛む? 頭が痛い? 胃の調子が悪い? オカシイと思ったら、まず食事を消化の良い物に切り替えを!

 お客様が『のどぬーるスプレー』と『コルゲンコーワトローチ』を選ばれたので、どちらも消毒形系であることを伝えてヒアリングしたところ、主訴は鼻水と喉の痛みだというのでアズレン製剤を紹介してみると、唾を飲むのも痛いというため一時的な作用のスプレーよりも内服薬の『ペラックT』を単独で使うか、鎮痛剤との併用を提案したところ、『ペラックT』をお買い上げいただいた。
 また、一週間ほど続いているというため食事をどうしてるか確認したら普通に食べているというので、食べ物が喉をこするのも良くないことを説明し、噛まずに済み喉越しの良いものに切り替えるよう勧めた。
 また、鼻水は胃が冷えてる可能性が考えられ、喉の炎症は患部を温めて血流を良くしたり免疫機能を高めようとしているからなので、体を温める工夫が必要なことをお話すると、入浴せずにシャワーで過ごしていると分かったため、太い血管の通っている背中側に時間をかけて浴びる方法を教えてた。
 しかし、入れるのであれば湯船に入ってしまったほうが治すのに近道と付け加えた。

 お客様が、ご主人から粉を溶かすタイプのうがい薬を頼まれたとのことだったが、ご主人自身も銘柄を覚えていないそうで分からなかった。
 また、お客様が昔から好んで使っていたという『第一三共ヘルスケア』のハーブキャンディの小容量が、どこの店に行っても見つからないと相談されて調べてみたところ、終売になっていた。
 代わりに、医薬品の『南天のど飴』の黒糖シナモン風味を提案すると、あまり甘いのは苦手とのことで黒糖抹茶風味を試していただくことになった。
 お客様からは、お礼の言葉を頂戴した。

 お客様が『ペラックT』を購入されるさいに、喉の痛み方を尋ねたところ扁桃腺が痛むというため鎮痛剤の併用も検討してみてはと提案すると、家に『ロキソニン』があるとのことだった。
 有る物を使わないのはモッタイナイので使うよう勧めたら、『ロキソニン』だと強すぎるのでは心配に思ったらしく他の鎮痛剤の案内を求められたので、気持ちを落ち着ける鎮静剤も入った『イブA』と『バファリンプレミアム』の他に、鎮静剤の入っていない『バファリンルナi』を紹介すると、そちらをを一緒にお買い上げいただいた。
 また、症状は3日前からというため、同じく今日から3日間くらいは患部を刺激しないよう、噛まずに済む食事をするよう勧めた。
 どうも、喉が痛い程度だと食事を変えようと思う人は少なく、発熱して寝込んだらお粥やうどんにするという人が多いけれど、頭痛でも鼻炎でも胃の不具合でもソレは身体の異常を報せる合図なので、すぐに消化に良い食事に変更するのが先手必勝というもの。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート