薬は適材適所、合いそうな物を選び、不要な物は外していくのが基本です

 お客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師のいないうちの店には置いていないことと、化学構造式の似たイブプロフェン製剤で代用できると考えられることをお話したところ、家にはまだ『ロキソニン』があり、他の鎮痛剤は使ったことが無いという。
 目的は帯状疱疹だというので、ウイルス性の症状にはアスピリン製剤の『バファリンA』は適さないから、代替薬については気をつけなければならない。
 お客様には、入手しやすい代替の鎮痛剤について、調剤してもらった薬局の薬剤師に相談するよう勧めた。

 お客様が『イブA』を購入されるさいに、無印とは処方が違い気持ちを落ち着ける鎮静成分が入ってることを伝えると驚かれた。
 なかには鎮静剤が入っていても「眠くならないから大丈夫」という人もいるけれど、正確には眠くなると云うよりも脳の機能が低下するため、咄嗟の判断力が鈍くなるため、眠気の有無に関係なく気をつけなければいけない。
 お客様は生理痛に使うというため鎮痛剤にも種類があり、インフルエンザの発熱にはアセトアミノフェン製剤以外は駄目な一方、神経の先っちょである末梢神経への効果が弱く炎症には向かないことや、反対に『バファリンA』のようなアスピリン製剤は末梢神経の痛みに効果的なので、痛みの起きてる場所に適していることなどを説明し、生理痛専用薬の『エルペインコーワ』を紹介した。
 『エルペインコーワ』は、痛みを伝達する成分の生成を抑えながらその信号を受信する中枢神経にも働きかけて痛みを感じなくするイブプロフェンの他に、わざと内臓の働きを抑える成分を加えることで子宮の収縮による痛みを緩和する効果がある。
 お客様からは、アスピリン製剤の末梢神経への効果について「骨折とか?」と尋ねられたので、「歯痛にも」と答えた。
 本日のところは車の運転などはしないとのことで、そのまま『イブA』をお買い上げとなった。

 お客様が『新ルルAゴールドDX』をレジに持ってきたけれど、成人の息子さんが鼻水と喉の痛みを訴えているものの咳は無く、症状は一週間くらい前からで、既に『新ルルAゴールドDX』を飲み続けてるというため、鼻炎薬には効能に喉の効能もあることを説明し勧めたけれど、本人が風邪薬を望んでいたようなので、せめて咳止めの入っていない『PL錠』を案内して、そちらをお買い上げいただいた。
 症状が一週間くらい前から続いてるとなると、風邪よりも胃を悪くして、繋がってる喉から鼻へかけて症状が現れている可能性が高い。
 そして、『新ルルAゴールドDX』には鼻炎のためのクレマスチンフマル酸塩とベラドンナ総アルカロイドに、咳止めのジヒドロコデインリン酸塩という、体内を乾燥させる副作用のある薬が3つも入っており、現在の症状はむしろ『新ルルAゴールドDX』を飲み続けているからとも考えられる。
 『PL錠』だと鎮痛成分の胃腸への負担が心配だけれど、処方がシンプルになる分だけ副作用も少しはマシなはず。
 息子さんの体格とか、普段の食事での食欲とかの情報も欲しいところだけれど、総合風邪薬から選ぶ限りは、どうしても余計な咳止め成分がつきまとって困る。
 あと、お客様は肩こりに『ファイテンチタンバン』を使ったことがあるそうで、『マグネループ』にも興味を持たれたけれど、どちらも医学的な根拠は乏しいことを伝えた。
 気の持ちようが効果みたいなものだから、使ってみて「効いた気がする」というのなら止めないものの、「効いたか分からない」なら継続する必要は無いし、「使ったことが無い」のなら上半身を温めて血流を改善する『』や、筋肉弛緩成分の入った『コリホグス』の方が確実性がある。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート