お客様から指名された薬が、ヒアリングしているうちに別な物に変わるのは珍しくありません

 やや高齢のお客様から『メモA』を求められ、乾燥の痒みに使うというお話だったが、他の売り場に行っている患者であるご主人を呼んでもらうと、虫刺されだった。
 これだから、頼まれ物の薬を案内する時には、お客様の話がどこまで正しいのか怪しく思えてしまう(;´Д`)
 そして、一緒に来てるのに患者本人が行方不明になってはならない理由でもある。
 しかも、ご主人は薬剤が黄色い『メンターム』を昔に使ったという。
 薬剤が黄色いとなると、近江兄弟社の『メンタームメディカルクリームG』だと思うのだけれど、そちらは乾燥肌に使う物で痒み止としては弱い。
 あるいは似た名前の、ロート製薬から出ている『メンソレータムメディカルビタミンクリーム』と混同してるというのも考えられ、そちらだともう痒み止め成分は入っていない。
 とにかく虫刺されだというので、『液体ムヒS』を提案した。
 でも、乾燥肌にも使いたいと注文されたため、痒み止め成分がしっかり入っていて、油分で膜を張り皮膚の乾燥を防ぐ『メンソレータム ADボタニカル』紹介すると購入された。

 夫婦のお客様が虫刺されの薬を買いに来店し、以前にも使っていたという『マニューバEX』を購入されるので、ステロイド剤が入っているから痒みと炎症が強い場合には虫刺され以外でも使えることを伝えた。
 すると、『メンソレータム ADクリームm』など乾燥による痒みに使う薬の質問も受け、ステロイド剤が入っていない分、薬としては弱くなるものの、やはり虫刺されにも使えることをお話した。
 そのうえで、皮膚の乾燥を防ぐ保湿の方法は大きく分けて3つあることを説明した。
 一つは単純に蒸発を防ぐことで、『ワセリン』を使う方法である。
 赤ん坊や成長期くらいまでは、もともと身体に水分が豊富なので乾燥しやすい部分をピンポイントで保護すれば充分。
 次に血流を良くして水分を行き渡らせるために『ヘパリン類似物質』を使う方法で、下手に安い化粧水を使うよりも潤いを保てる。
 そして、中年期を過ぎ高齢になってくると体内の水分そのものが減るので、皮膚の中で水分をガシッと捕まえておく『尿素』を用いる。
 あと、一つの物で済ませたいと思いがちだけれど、患部の状態によっては、これらを使い分けたほうが良いこともある。

 高齢のお客様から『キュアレア』を求められ売り場を案内しながらヒアリングすると、他のお店で指先割れに勧められて使ってるとのことだった。
 顔の痒みに使うイメージのある薬だが、処方内容からすればそういう使い方もできる。
 ただ、皮膚の修復をする成分が入っていないのは気になるところ。
 そして、別件で病院から処方されたステロイド剤も使い、効いた気がするというお話をされたので、傷口には良くないことを説明したところ、『メンターム』も塗ったというので、それは悪くないと答えた。
 ステロイド剤は炎症を抑える効果が高い代わりに、皮膚が再生しようとするのを阻害して治りを遅くし、そのうえ細菌などに対する免疫機能を低下させてしまう。
 なので、上から油分の濃い『メンターム』で患部を保護するという使い方はある。
 ただ、お客様がそうしたのは偶然だったようで、今回は『ヒビエイド』をお使いいただくことになった。
 すると今度は『セイロガン糖衣A錠』を手にされたため、『正露丸』との違いを説明した。
 糖衣錠は単に甘くコーティングしているだけではなく、『正露丸』から抗炎症成分と鎮痙攣成分の2つを抜いてあるので、シクシクした腹痛などがある場合の下痢には効果が弱いと考えられる。
 そして、腸には味覚も嗅覚もあるから、あの独特の匂いもまた効果のうちである。
 下痢止めには『ワカマツ止瀉薬』という選択もあるので紹介してみると、今回は下痢止め薬そのものが取りやめとなった。
 それから最初の話に戻って、指先が割れやすいそうなので『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介し、医師への相談を勧めた。
 この長ったらしい名前の漢方薬は、分解すると「当帰=血流改善」「四逆=手足の冷え改善」「呉茱萸=水分代謝」「生姜=温め」という、アレもコレも面倒を見てくれるスグレモノ。
 思い当たる症状があれば最初に試してみる価値のある一手、あいるは他の漢方薬を試してみて上手くいかなかった場合の最後の手段と云われている。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート