患者さんを迷わせるつもりは無いのですが、黙って買われるのも怖いモノを売っているので気がかりなのです

 お客様がサプリメントの『ヘム鉄』を購入されるさいに胃への負担に負担に注意するよう伝えたところ、病院で処方された鉄剤が貧血に効かなかったというのでフィードバックのために医師への報告を勧めた。
 実のところ『ヘム鉄』自体は、胃に負担のかからない種類の鉄ではあるのだけれど、病院に行ってるのに、あるいは逆に受診もしていないのに、貧血の改善に使おうとしている人をあぶり出すための方便。
 他に良い感じで、お客様を「えっ!?」と振り向かせることのできるネタがあれば切り替えたい。
 そして薬が効かなったとしても、そもそも人間の体は機械ではないから当たり外れがあるのが当たり前。
 薬はもちろん、治療法や対処法なども幾つか候補があり、私たち登録販売者をはじめ薬剤師や医師は、それらから当たりをつけて「提案している」のに過ぎない。
 だから、それが外れた時には教えてもらえないことには次の提案ができなくなってしまう。
 そしてその場合、安易に他の病院やお店に変えてしまうと「前回した選択」が分からなくて、また最初から検討を始めることになるので効率が悪い。
 コミュニケーションが対話でなければ成立しないように、病気の治療もまた対話が必要なんである。
 お客様は、天井が回るような感じもしたというので、原因が鉄不足とは限らず水分代謝の異常の可能性をお話して再診を勧めた。
 漢方薬で考えると、天井が回るタイプには『苓桂朮甘湯』が候補になるし、ストンと落ちるタイプの鉄不足が疑われる場合も血流の問題というケースがあり『人参養栄湯』が考えられ、雲の上を歩いてるようなフワフワした感覚には血圧を調整する『釣藤散』が適応する。
 そしてサプリメントを使う場合には、検査結果を見かけ上だけ良くしてしまう事もあるので、やはり医師に報告しておいた方が良いことを伝えた。

 お客様が『腎仙散』を購入されたさいに、効き目は広い代わりに浅いと伝えたところ、以前に『ボーコレン』(五淋散)を使ったことがあるというので、『』と『竜胆瀉肝湯』も交えて違いを説明した。
 『腎仙散』は漢方薬ではなく、生薬を組み合わせた民間薬であり、効きそうな生薬をアレもコレもと入れている。
 そして漢方薬的に考えると、生薬の種類が増えるほど効き目は穏やかになり、種類が少なければシャープに効くとされている。
 その点からすると、病院で処方されることも多い『猪苓湯』は5種類の生薬から成り、膀胱炎の基本ともいえる漢方薬。
 そして、名前がいかにも膀胱炎向きのような『ボーコレン』(五淋散)は、疲労が思い当たる場合に適応し、『竜胆瀉肝湯』は排尿時に灼熱感があるような熱性が強い場合に用いる。
 また、高齢者や食欲が低下するほど弱っている時には『ユリナールb』(清心蓮子飲)の出番となる。
 するとお客様は迷われた様子で、もうお会計してしまってるからかと思い、他の薬の特徴も知っておくのは良いこととお話した。
 前に使った薬がまた効くとは限らないので、症状や状況をもとに使い分けをするよう勧めた。
 本当はやっぱり、お会計をする前に相談してもらえるのが一番なのだけれど。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す