副作用の「眠気」を甘く見ないで! 一瞬の判断力低下が命取り

 『ポケムヒ』を見ていた夫婦のお客様が『液体ムヒS』を購入されるので成分が異なることを教えると「知らなかった」というため、薬を買う時には先に店員を捕まえてみるよう勧めた。
 例えば『ポケムヒ』の場合、比較するのは同じく携帯サイズの『プチウナ』だと思われるが、痒み止め成分は同じでも『プチウナ』には弱い局所麻酔が入っている分だけ痒みを感じにくいと考えられる。
 そして、同様に携帯サイズの『プチウナコーワα』は『液体ムヒS』と同じくステロイド剤が入っており、より炎症が強い場合に向いている。
 携帯サイズは出かけた先で使うことを想定すると、強い症状にも対応できるステロイド剤の方が安心と考えられる。
 一方、『液体ムヒS』のクリーム剤と勘違いされやすい『ムヒSクリーム』にはステロイド剤は入っておらず、単純な強弱で比較すると二段階くらい弱い薬なため、小さい子供には優しい薬となるものの、優しすぎて患部の症状を抑えきれない事もある。

 女性の親子のお客様が鎮痛剤の棚を見ており、「セーラームーン」という声が聞こえたため、『バファリンライト』を選ぶのかと思い気にかけていたところ、『イブクイック頭痛薬』を購入されるので、念のため同じブランド名でも内容が大きく異なる薬があることを伝えた。
 例えば『イブクイック頭痛薬』は主成分の鎮痛剤であるイブプロフェンの他に鎮静剤が入っており、眠気を催す可能性があるため車の運転などは避けなければならない。
 しかもこの眠気は、本当に眠くなるかどうかではなく、一瞬の判断力が低下する可能性があるため「自分は眠くならないから大丈夫」という甘い判断をされると困る。
 一方、『バファリンライト』は『バファリンA』と同じで主成分のアスピリンの濃度が薄い薄くなっている。
 人間の体格も薬の効き方も人それぞれなので、主成分は濃ければ良いというものではなく、薄いものを求める需要に応えて発売された。
 よく勘違いされやすいのは『バファリンルナi』や『バファリンプレミアム』は、『バファリンA』とは縁もゆかりもなく、イブプロフェン製剤で別な鎮痛成分であるアセトアミノフェンを合わせた物。
 そして、『バファリンルナi』には鎮静剤が入っていないのに対して、『バファリンプレミアム』には入っているから、やはり購入する前に違いを認識して気をつけてもらいたい。
 まさに、一瞬の判断力の低下が命取りとなりかねないのだ。
 それは自分の命かもしれないし、他人の命かもしれない。

 外国人のお客様から膣カンジタ薬を求められ、薬剤師がいるお店で勤務時間中にしか売ってもらえないことを説明た。
 そして、近所のドラッグストアのうち一軒はすでに薬剤師が帰った後だったため、もう一軒に問い合わせたところ対応できると分かったため、お客様に案内した。
 ただ、市販されている膣カンジタの薬は「再発治療薬」なので、病院で診断されたか治療経験が無いと、薬剤師がいても売ってもらえないことがある。
 そこのところは、薬剤師さんに丸投げ (っ’-‘)╮ ⌒○ 〜*

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート