鎮痛剤には、眠くなる成分が入っている物もあります

 常連のお客様から『ズッキノン』を求められたけれど、うちの店には置いていないため同じ処方の『』をお買い上げいただいた。

 同じ頭痛にも種類があり、『釣藤散』が適応するのは高血圧からくる頭痛。

 ただし、この場合の高血圧とは数値上のことではなく、その人自身の一日の中での血圧の変化に起因する。

 だから、患者さんが「血圧は高くない」と言っても、実際に測ってみて一日の中での変化が大きいと起こりえる。

 症状としては偏頭痛に多いズキズキではなく、締め付けられて肩こりと連動していたり、朝方に頭が重く、午後にかけて楽になるタイプに向いている。

 ズキズキするタイプは胃の不具合と関係していて、水分代謝の異常も起きていると考えられるから『呉茱萸湯』が適応する。

 数値的に高血圧の場合は、『七物降下湯』が候補になる。

 お客様は『ロキソニン』を飲むと眠くなると言っていたけれど、市販薬だそうだからと鎮静成分の入ったタイプかも知れず、現物が残っていれば調べるのでお待ち下さいとお願いした。

 病院から処方される『ロキソニン』は単味剤だけど、市販薬には単味剤の『ロキソニンS』の他に、眠気を催す鎮静剤を足したタイプの両方があるから注意が必要。

 まぁ、第1類医薬品だから薬剤師さんが説明してくれるはずだけど、急いでる素振りを見せたり、説明不要のオーラを放っていると、説明を省かれてしまう危険があるので、購入時の態度の方が注意が必要かもしれない。


 お客様が『イハダ』シリーズの顔用と目元用を比較していたので声をかけたところ、ご主人が花粉症で目の周りの痒みを訴えてるというため後者を勧めたうえで、痒み止めや抗ヒスタミン成分の入った目薬を目の周りに塗る方法もあること教えると、目薬は持っていて処方された内服薬が無くなりそうだとのお話だった。

 処方薬の写真を撮ってきてあったので、私用のスマホで調べるとビラスチン製剤の『ビラノア』だと分かり、乗り換え先としてエピナスチン製剤の『アレジオン』を紹介すると、そちらも購入された。

 スマホで調べたさいに、エロゲーの広告が表示されて危うくお客様に見られるところだった。

 あぶねーあぶねー(;´Д`)

 仕事用のスマホを持たせて貰いたいもんである。

 お客様には、花粉症は敵味方の識別をしている腸の機能が低下することで、花粉を敵だと誤認して攻撃することにより起こる症状なので、入浴して下半身を温め、上半身は薄着をしても下半身は厚着をするというように、腸の環境を整えるためにお腹周りを冷やさない対策を勧めた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。