市販薬を買うときにお薬手帳が必要な理由、薬を買わなくてもお薬手帳が必要な理由

 男性の二人組のお客様が『第一三共胃腸薬』を購入されるさいに、花粉症の薬を使ってるか尋ねると、一人が「鼻の中に塗るタイプ」と答えて頂いたけれど、いわゆる花粉の侵入を防ぐ物で薬ではなかった。

 ところが、胃薬は他の薬との飲み合わせに注意が必要なことを伝えると、「そうだったんだ」と驚かれ、血圧の薬を飲んでいると分かった。

 『第一三共胃腸薬』には血圧を上げる可能性のあるナトリウムは入っていないけれど、知っていて選んでいるのでなければ、別な薬との組み合わせに気をつけなければならない点は変わらない。

 また、降圧剤を使ってる患者さんは「普通の血圧の薬」と答えることが多く、薬の名前を具体的な覚えていないのが当たり前のようにあるけれど、血管を拡張するタイプもあれば、血液をサラサラにしているタイプや、排尿することで血圧を下げているというタイプもあって、それぞれ作用機序が違い、それを見極めないと他の薬と併用するリスクの検討のしようがない。

 だから患者さんには、市販薬を買う時にもお薬手帳を提示してもらいたいところ。

 それにお薬手帳は、事故や災害に遭遇した時の事を考えると、家に置いておくよりも持ち歩いた方が良い。

 意識を失ってる時にも服薬歴を確認できるし、災害で避難した時には特例として医師の診察を受けなくても使用を続けている薬に関しては受け取ることが可能となる。

 お客様からは、「甘く見てた」と言っていただけた。

「おくすり手帳と個人情報の使い方」

「おくすり手帳と個人情報の使い方」


 お客様から『テラマイシン』と『テラ・コートリル』の違いを尋ねられ、前者は抗生物質飲みで後者にはステロイド剤が合わさってることを説明した。

 ステロイド剤は炎症を抑えるのに有効であるものの、患部の免疫機能を低下させ、皮膚の再生を妨げてしまうから、使うとすれば炎症が強いオデキなどに適応する。

 お客様の傷口はジュクジュクしてるというため、『テラマイシン』を勧めてお買い上げいただいた。

 すると軟膏が布団に付くのが嫌だというお話だったので、大きめのガーゼで患部を保護するよう案内し、一緒に購入となった。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。