薬もサプリメントも、不具合を感じたら使用を中止して相談を

 お客様が『ハリックス55IDプラス』をレジに持ってきたさいに、強めの薬で良いのか尋ねたところ、痛みがするほどではないというため、成分によって鎮痛効果と浸透力の違いがあることを説明すると、安かったから決めたとのお話。

 スポーツによる筋肉疲労だそうで、インドメタシン製剤より少しだけ弱めのフェルビナク製剤を提案すると液体を購入された。

 お客様には、外用薬も内服薬との併用に気をつけなければならないケースがあることを伝えた。

 筋肉疲労程度なら、一番弱いサリチル酸系の『サロンパス』や『トクホン』などでも良かったかもしれない。


 若いお客様が『フォースコリー』を購入されるさいに、お腹が緩くなったことは無いか尋ねると、それは無いものの気持ち悪くなったことがあるというので、中止するか量を減らすよう勧めた。

 また、花粉症の薬を服用していると分かり、腸の働きが花粉症に関わる事をお話しして、やはり花粉症のシーズンには『フォースコリー』を使うのは控えるよう伝えた。

 お風呂が追い焚きできないタイプというので、内臓の働きを助けるシャワーの浴び方として、太い血管が通っている背中側に重点的に浴び、お腹を保温するために腹巻などを使うよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.